2014年10月04日 皇子山球場

近江vs彦根東

2014年秋の大会 秋季滋賀県大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

勝負の瞬間 松倉雄太

究極の勝負、絶対的エースに代打!その後・・・

9回表近江 同点のホームに向かう仲矢

 近江が9回に逆転して、2年連続の近畿大会出場を決めた。
 試合後に、「ありがとうございました」と報道陣に頭を下げた多賀章仁監督の表情が、苦しかった試合を物語っている。ナインも喜び以上にホッとした表情を浮かべていた。

 絶対的エースの小川 良憲(2年)が、立ち上がりに彦根東の4番髙内優(2年)にタイムリーを浴びる。ゲームが進むにつれて、多賀監督はこの1点が致命傷になるかもしれないと感じていたという。
 「秋ってこういう試合がありがちなんです。ハマってしまうと結局最後までいってしまう」。

 チャンスを作るきっかけになりそうな時も、相手の好守備に阻まれた。中でも彦根東のショート・百田康紀(2年)には何度も好守を見せつけられた。
 「ショートの選手が上手かった。負けたらあの子にやられたという感じだなと後半は思っていました」。

 苦しいゲーム展開の中で、指揮官は究極の勝負に出る。8回表の攻撃、エース・小川の打順で代打を送ったのだ。主将の仲矢 惇平(2年)も「正直、ビックリした」と話すほどで、見方によっては賭けに近かった。

 しかしそこまでしながら、この8回も得点ができなかった。

 その裏、エースに代わって送りだされた1年生右腕の京山 将弥が、一死から彦根東の1番森杉亮太(2年)に三塁打を浴びた。守る近江はもう失点をするわけにはいかない。指揮官はタイムをとった。指示は2番の手原健太郎(2年)と3番鯰江里輝(1年)の二人を歩かせること。

 タイムが明けて京山が投じる球に、打席の手原がスクイズをちらつかせる。鯰江里に対してはピッチドアウトをしてスクイズを警戒するフリをした。3球目にあえてストライクをとって、スクイズがないことも確認した上で、「外せとキャッチャー(坪倉 斗真=2年)に指示した」と歩かせた。

 一死満塁と場面が進んで、打順は1回にタイムリーを打たれている4番髙内。守る近江は退路を断ち、腹をくくった。そしてこの局面で、1年生右腕の強心臓ぶりが発揮される。変化球でストライクを取り、最後は外角の球で三振を奪った。そして5番篠原 漣(2年)をショートゴロに打ち取る。守りきった近江ナインは「ヨッシャー」と大きな声をあげ、ベンチの指揮官はポンと手を叩いた。

 9回表、「ピンチを凌いで流れがきた」と感じた2番仲矢が死球で出塁。続く3番杉野 翔梧(2年)がライト線へ三塁打を放ち、ついに追いついた。そして、5番辻 甚優(2年)がタイムリーを放ち、決勝点となった。

 試合を振り返ると、指揮官の究極の勝負が成功だったか失敗だったかはわからない。1年生の京山と、夏の甲子園でもエースだった小川とは経験の部分で差がある。8回裏のピンチでの多賀監督の表情は、祈るような気持ちだったように見えた。やっぱり不安な部分はあったはずである。

 「こういった展開で勝てたのは大きい」という指揮官の言葉。その裏側は、『選手に救ってもらった。逞しくなった』と言っているようにも聞こえた。   

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
夏の甲子園に2年連続出場中の近江・多賀章仁監督「後々、あの経験が活きたと言えるような歩みをしてほしい」 【ニュース - 高校野球関連】
第1133回 「プロは目指していなかった」146キロ右腕・小辻鷹仁(瀬田工)はどのようにしてプロ注目となったのか 【2020年インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1124回 最速142キロの野球小僧がスーパー中学生と呼ばれるまで 山田陽翔(大津瀬田ボーイズ)【前編】 【2020年インタビュー】
第256回 2020年に注目したい高校生野手カルテット 来田涼斗(明石商)、西川僚祐(東海大相模)、井上朋也(花咲徳栄)、土田龍空(近江)に要注目!【ドラフト特集コラム】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
第4回 滋賀の高校野球2019を漢字1文字で例えて振り返る!【滋賀の高校野球】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
奈良大附vs近江【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
近江vs立命館守山【滋賀県 2019年秋の大会 秋季滋賀県大会】
東海大相模vs近江【第101回全国高等学校野球選手権大会】
近江vs綾羽【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
第991回 周りの人に恵まれた天才型ショート・土田龍空(近江) 誰にも負けない活躍を見せる!【後編】 【2019年インタビュー】
第987回 土田龍空(近江)「誰もが絶賛する遊撃守備はいかにして形付けられたのか?」【前編】 【2019年インタビュー】
近江 【高校別データ】
彦根東 【高校別データ】
秋季近畿地区高等学校野球滋賀県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

彦根東お疲れ様!東高2年 2014.10.07
試合お疲れ様でした!
学校生活を共にしている部員ですが、負けた日には悔しさで夜も寝れなかったり、テスト前の練習がない日であっても素振りをしていたそうです。僕でさえ、負けたときの悔しさは、とても大きかったので、部員の悔しさは、とてつもなく大きいと思います。この悔しさをバネに必ずみんな強くなると思うので、必ずリベンジできると思います!僕は彦根東高校の野球部が大好きなので、これからも、仲間として、応援していきたいと思います
彦根東がんばれ!彦根東高生 2014.10.03
テスト期間も頑張って練習して
リベンジに燃えている野球部さん!
活躍ぶりが東高生として誇りです!
みんな応援してるで!☆

応援メッセージを投稿する

滋賀県地域応援スポンサー

滋賀県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る