高校野球ドットコム

桐生きりゅう

応援メッセージを投稿する!
このエントリーをはてなブックマークに追加   
試合
2021.07.19 第103回 全国高等学校野球選手権 群馬大会 3回戦高崎市城南野球場 渋川8  -  0桐生応援メッセージ
2021.07.17 第103回 全国高等学校野球選手権 群馬大会 2回戦高崎市城南野球場 桐生10  -  9沼田応援メッセージ (3)
2021.07.12 第103回 全国高等学校野球選手権 群馬大会 1回戦桐生球場 桐生9  -  0藤岡中央応援メッセージ
2021.07.10 第103回 全国高等学校野球選手権 群馬大会 1回戦高崎市城南野球場 渋川4  -  2桐生応援メッセージ
2021.04.13 第73回 春季関東地区高等学校野球大会 群馬県予選 1回戦桐生球場 関東学園大附3  -  2桐生応援メッセージ
2020.09.21 第73回 秋季関東地区高等学校野球大会 群馬県予選 3回戦高崎市城南野球場 館林2   -  0 桐生応援メッセージ (2)
2020.09.13 第73回 秋季関東地区高等学校野球大会 群馬県予選 2回戦群馬県立敷島公園野球場
(上毛新聞敷島球場)
 
桐生6  -  5太田東応援メッセージ (11)
2020.09.08 第73回 秋季関東地区高等学校野球大会 群馬県予選 1回戦西毛運動公園野球場 桐生1  -  0太田工応援メッセージ
2020.07.24 2020年 群馬県高等学校野球大会 1回戦群馬県立敷島公園野球場
(上毛新聞敷島球場)
 
樹徳9  -  1桐生応援メッセージ
2019.09.07 第72回 秋季関東地区高等学校野球大会 群馬県予選 2回戦高崎市城南野球場 高崎商大附2  -  1桐生応援メッセージ (1)
戦歴(桐生)

応援メッセージ (87)

投手は制球力が大事桐生人 2021.07.23
打ちも打ったり打者は頑張った:打ちすぎると次は打てなくなったりするもので、気掛かりだ。投手はひ弱さがきになる。暑さに負けない体力・気力が夏には必要です。冬は走り込みで、基礎体力を強化すべし。 でも、ひと頃よりはレベルは上がってきたのかなと思う。ベスト4に残るぐらいになってゆくと思っている。頑張れよ期待している:卒後50年余の野球好き人より
3回戦熱烈OB 2021.07.19
今日もテレビで応援しました。桐高は初先発の矢崎投手が5回まで無失点に抑えるピッチングでしたが、6回についに相手打線に捕まり、7回もリリーフに立った荒谷投手が打たれて、まさかの大量失点となってしまいました。
でも、今日は何よりも打てなかったことに尽きると思います。結局7回までに3安打。7回裏に無死満塁としながらも、犠牲フライで1点をもぎ取るのが精一杯でした。
1,2回戦と2けた安打の打線でしたので今日も期待していましたが、これが野球の難しいところなのかしれないと感じました。
それでも、新しい桐高になって6年ぶりにベスト16へ残ったこともたしかですし、クリーンアップの2年生が新チームをまた引っ張っていってくれると思います。今日、負けた瞬間から、既に秋と来年に向けた戦いがスタートしています。
また、秋も応援したいと思っています。

がんばれ、桐高!
2時間48分死闘を制す!熱烈OB 2021.07.17
桐高10-9沼田
ある程度競った展開になると予想していましたが、まさかここまでになるとは思いませんでした。
今日も先発は近藤投手で、初戦の不調からどう立て直してくるのか注目していましたが、今日も4回途中でマウンドを降りる展開になりました。その後も一進一退の攻防が続きましたが、今日も打線が救いましたね。9回表に2点リードであとアウト一つということころでキャッチャーフライをまさかの落球。そのあと、起死回生の同点打を浴びてしまいます。
本当に沼田高校の打線はしぶとかったですね。でも、最後まで今日もリリーフのマウンドに立った荒谷主将が粘りのピッチングを見せ、最後はサヨナラに持って行きました。
沼田高校とは過去の相性がよくない、と昨日書きましたが、公式戦の勝利は平成8年秋の準々決勝で4-1と勝って以来だったようです。
相手の沼田高校の最後まで諦めない姿勢にも感動しました。
この勢いで三回戦も勝って、ベスト8に進出してほしいものです。
一戦必勝熱烈OB 2021.07.15
沼田高校とは、過去の対戦であまり分のよくない相手という印象です。
前回の対戦は自分の記憶と記録に間違いがなければ、たしか8年前の夏以来と思います。そのときは最後まで投手戦で進んで9回に失点し、0-3の惜敗でした。
今回は、何としても雪辱してほしいです。
一回戦と違ってある程度の失点は覚悟しなければならないでしょうから、いかに打線が奮起するかでしょう。

がんばれ、桐高!
夏初戦熱烈OB 2021.07.12
今日は小倉クラッチスタジアムへ桐高の初戦、対藤岡中央戦を観戦に行って来ました。
桐高の先攻で9時に開始。初回に内野ゴロと犠牲フライで2点を先制する幸先のいいスタートを切りました。その後も打線が好調で8回には3番平野選手のランニングホームランも飛び出すなど長短10安打で9得点し、伝統の守りも無失策で切り抜けて結局8回コールド9-0で大勝して二回戦進出を決めました。
ただこの試合、気がかりな点が二つありました。
一つは、先発したエース近藤投手が立ち上がりから制球難で2回までに4四球でその2回途中で早々と降板したことです。2番手としてショートを守っていた荒谷選手(主将)がマウンドに上がり、その後2安打無失点に抑える好ロングリリーフを見せました。近藤投手が次戦までにどう立て直してくるか注目したいです。
二つ目は、2塁打2本と活躍した4番打者の大隅選手が8回に2本目の2塁打を打ってセカンドベースに到達してから倒れ込み(足がつったのでしょうか)、他の選手に背負われて退場したことです。2回戦以降に影響がなければいいのですが。
ともあれ、投打がかみ合っての快勝でまずはほっとしましたし、今後の快進撃にも期待したいです。

今日は平日にもかかわらず、一般客の観戦エリアだったバックネット裏も多くのファンが詰めかけ、桐高が得点するたびに多くの歓声と拍手が起こっていました。
また、1塁側の桐高応援席には応援指導委員会、吹奏楽部と旧桐女からの管弦楽部の生徒らも陣取り、迫力のある(声は出せませんでしたが)演奏を繰り広げていました。感動したのは、二回ほど旧桐高と桐女の校歌も演奏したことで、昨年度までの両校の伝統もしっかり受け継いでいるなと感じました。試合後のエール交換などが一切できない決まりのようで、いつもは試合後にやる「ゲンゲロゲンのゲン」を終盤に2回ほどやっていたのもちょっとびっくりでした。
試合前のシートノック時と、終了後に流れた新しい校歌はまだよく知らないので静かに聞いていましたが、女性の独唱が印象的でした。

二回戦は17日土曜日、高崎城南球場第2試合で沼田高校と対戦します。新たにスタートを切った新「桐生高校」のこれからが楽しみです。
がんばれ、桐高!
応援メッセージ一覧へ

応援メッセージを投稿する

選手名鑑トップへ戻る 高校別ページトップへ戻る

群馬県地域応援スポンサー

群馬県の地域スポンサー様を募集しております。