大船渡おおふなと

応援メッセージを投稿する!
このエントリーをはてなブックマークに追加   

全国大会出場履歴

全国大会出場履歴(大船渡)
試合
2019.09.18 第72回秋季東北地区高等学校野球岩手県大会 準々決勝花巻球場 花巻東17  -  4大船渡応援メッセージ
2019.09.16 第72回秋季東北地区高等学校野球岩手県大会 2回戦花巻球場 大船渡5  -  2水沢応援メッセージ
2019.09.14 第72回秋季東北地区高等学校野球岩手県大会 1回戦岩手県営野球場 大船渡8  -  7伊保内応援メッセージ
2019.09.01 第72回秋季東北地区高等学校野球岩手県大会沿岸南地区予選 第一代表決定戦住田町運動公園球場 大船渡13  -  4釜石応援メッセージ
2019.08.26 第72回秋季東北地区高等学校野球岩手県大会沿岸南地区予選 代表決定戦住田町運動公園球場 大船渡5  -  2大船渡東応援メッセージ
2019.07.25 第101回 全国高等学校野球選手権 岩手大会 決勝戦岩手県営野球場 花巻東12  -  2大船渡レポート応援メッセージ (12)
2019.07.24 第101回 全国高等学校野球選手権 岩手大会 準決勝岩手県営野球場 大船渡5  -  0一関工レポート応援メッセージ (4)
2019.07.22 第101回 全国高等学校野球選手権 岩手大会 準々決勝岩手県営野球場 大船渡6  -  4久慈応援メッセージ (3)
2019.07.21 第101回 全国高等学校野球選手権 岩手大会 4回戦岩手県営野球場 大船渡4  -  2盛岡四応援メッセージ (4)
2019.07.18 第101回 全国高等学校野球選手権 岩手大会 3回戦花巻球場 大船渡10  -  0一戸応援メッセージ (1)
戦歴(大船渡)

応援メッセージ (68)

選手達の 野球タツマ 2019.08.20
みんな 綺麗事ばっかり言っている。実際に 野球をやっているのは、選手なのに 甲子園に行くために 何年も 一生懸命になって練習して来たのに 監督のエゴで 気持ちだけで 選手の 人生を 狂わせてしまった。スポーツをしていれば どんなスポーツでも 怪我は、付き物
怪我を する人も居れば しない人間もいる。あたかも 予言者のように 怪我をするかもしれないだけで 本人は、投げたかったのに 甲子園に 行けたかもしれないのに 優勝出来たかもしれないのに。監督の 鶴の一声で 甲子園は、愚か 選手の人生を 狂わせてしまった 責任は、どう取るつもりか 周りで これで良かったって言っている方々は、
自分には、全て綺麗事にしか聞こえない。選手達が 可哀想だ。
選手達が 甲子園に 行きたかった、佐々木君が 何が何でも 絶対投げたいなんて 言える訳もなく 何も周りは、子供達の事を何も解っていない。かわいそうに!
国保監督、佐々木選手の今後に期待する佐藤  満 2019.08.06
私は福島に住む87歳の老人で、聖光学院の遠藤理事長とは遠い親戚にあたります。今回のお二人の判断は正しかったと認めます。それは30年前の沖縄水産の投手の例、いや私自身も、戦時中初等科6年の時、学校前の海軍病院の作業で、今でも肩に手が届きません。食糧難の体で腕を使い過ぎたのですね。当時肘がガツガツ音するんです。
 それで佐々木君に対しての助言は、
1.肉類を多く取りなさい。秋田の吉田投手は学校前のカレーライ  ス屋の小母さんがフアンで沢山食べたそうです。
2.魚は、圧力釜で煮て、骨ごと食べるように。私は小学生の頃か  ら高卒まで食べました。
3 体力づくりには投げることより走ることです。金田正一投手   そうでした。
4.両手を後ろに回して、両目が寄りますか。私は打撃にはこれが
  大事と思います。以上失礼しました。
間違ってないたえ 2019.07.30
監督の決断は間違ってない。
野球を高校でやめるというなら登板させたと思う。
一度の怪我でその先の野球人生は変わってしまう。
大変有能なピッチャーが、監督に肩を壊されて数勝で引退した。と、昔々の話しを野球チームの監督がよくしています。
これから世界で活躍するピッチャーになるかもしれない、可能性も才能もこんなところでダメにされてたまるか!!自分の息子のことだったら、監督の勇断に心から感謝する。
親なら監督の勇断にここから
準決勝日野 2019.07.29
監督さんが、佐々木君とチームの夢の管理者なら準決勝は、佐々木君なしで勝つ試合をしてほしかった。勝ち負けは別として。勝ったとして決勝戦、佐々木君を起用して3年間の集大成試合をしてほしかった。残念。
登板回避のもう一つの意味レアルマドリード 2019.07.27
登板回避の賛成派の者です。どうせ登板回避させるなら準決勝にするべきだったという反対派の意見がありますが、そもそも肘に違和感を訴えたのは準決勝の前で、この短時間に登板回避の決断をするのは困難だったのではないでしょうか。
それに、佐々木君を登板回避させたことで見えたものはもう一つあります。大船渡高校には厳しいでしょうが、これまで普通に勝てていたのに、決勝は佐々木君が抜けたことで大敗しました。これは佐々木君がいなければ勝てないと言われても仕方ない状況ですが、そのことに早めに気付けたのは大きいと思います。体が故障する前に登板回避して負けるのと、無理やり登板させて故障でチームを離脱して負けるのとでは、明らかに前者の方が大切なものを残しつつ舞台を退いています。これで残ったメンバーは今から来年への準備が出来るんです。
最後に反対派の人達へ言いたいです。確かに未来はどうなるか分からないし、だからこそ佐々木君の活躍の機会を奪ったと言いたくなる気持ちは分かります。しかし、高校野球は見せ物ではありません。オリンピックではありません。ワールドカップではありません。あくまで教育の中の大会です。高校野球で負けたからと言って、夢が潰れるわけではありません。そもそも、「俺、甲子園で優勝するのが夢なんだ!」と言ったことのある野球選手を見たことがありますか?学生時代は無名でも、そのあとに輝いたプロはいくらでもいます。ピッチング160km/hという武器を、将来のために守った国保監督は正しいです。佐々木君はこれから心置きなくプロを目指してください。
応援メッセージ一覧へ

応援メッセージを投稿する

選手名鑑トップへ戻る 高校別ページトップへ戻る

岩手県地域応援スポンサー

岩手県の地域スポンサー様を募集しております。