浦和学院、芳野が完投でベスト4進出!

トーナメント表
埼玉大会の勝ち上がり

関連記事
強豪ひしめく夏の埼玉大会を徹底展望!
今年の埼玉は140キロ超えのプロ注目右腕、プロ注目スラッガーなどが多い!

日程・結果一覧
埼玉TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 埼玉大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

<第104回全国高校野球選手権埼玉大会:浦和学院6-1浦和実>◇23日◇準々決勝◇県営大宮

 センバツ4強の浦和学院はCシードの浦和実と戦った。

 立ち上がりは浦和学院にとって少し苦しいものになった。先発は背番号11の芳野 大輝投手。初回2死から連続四球でピンチを迎えると、浦和実5番松山晴秋を右飛に打ち取りピンチを脱出する。

 対する浦和実は辻川監督が「一番度胸がある」と認める背番号20の2年生右腕・清田光投手を先発に起用。キレのいいスライダーが武器の投手で「少し緊張したけれど、強気で行く」という意気込みを胸にマウンドに上がった。

 初回1死二塁で注目の3番金田 優太を故意四球で歩かせ、今大会あまり調子が出ない4番鍋倉 和弘との勝負を選択し、見事に二飛に打ち取ると5番大勝 朱恩も打ち取り、こちらも初回のピンチを何とか抜け出す。

 浦和実は2回にも1死一、三塁のチャンスを作り9番荒木樹希也が打席に立つも、芳野の前に併殺打に打ち取られ先制とはならなかった。

 浦和学院は3回まで1安打に抑えられ、嫌なムードが漂う中迎えた4回の攻撃。2死から6番八谷 晟歩、この試合スタメンに抜擢された7番近内 丈の連打でチャンスを作ると、打撃には自信があるという8番芳野投手が左中間への二塁打で2点を先制する。5回には3番金田のフェンス直撃の適時打で1点を追加し、3点をリードする。

 そして7回浦和学院は2番小林 聖周がヒットで出塁すると、プロからも注目の金田がインコースの真っすぐを振り抜くと、ライトへの2ラン本塁打となった。この勢いそのままに4番鍋倉にも打撃復調の兆しを見せるライトへの本塁打を放ち2者連続の本塁打となった。「チームメイトが喜んでいて、気持ちが高ぶった」とこの本塁打を振り返った。

 先発の芳野は3回以降、浦和実打線を全く寄せ付けず、完璧な投球を披露した。また浦和実2番手・佐々木 潤也は2本塁打を浴び、コールド負けのピンチを迎えるが意地で抑える。

 浦和学院は完封を目指し9回のマウンドにも芳野が上がる。対する浦和実は何とか完封負けは阻止したい中、この回先頭の2番青山澪羅が二塁打を放つと2死から代打の櫻井翼が適時打を放ち1点を返す。ここで芳野は降板となり、2番手浅田 康成が抑え試合終了。浦和学院は芳野が惜しくも完封を逃すも、見事な試合運びで完勝した。

 浦和実・辻川監督は「序盤に1、2点でも取れていれば。思うような攻撃ができなかった。浦学が強かったが最後は意地を見せてくれた」と相手を賞賛し、最後の攻撃を讃えた。

 完封を逃した芳野には悔し涙があったが「割り切って真ん中に投げるつもりで投球した。変化球と真っすぐの組み合わせが良かった。」と投球を振り返った。

 センバツでは悔しい思いをしたが、シャドーピッチングを通して成長することができた芳野投手。今日の投球は森大監督も褒めていた。

 大一番準決勝花咲徳栄戦に向けて、「超攻撃を見せてほしい。総力戦で、チャレンジャーの気持ちで戦っていきたい」と森大監督は意気込んだ。

(取材=編集部)