浦和学院あわや?5点のビハインドを跳ね返し大逆転勝利!!

トーナメント表
埼玉大会の勝ち上がり

関連記事
強豪ひしめく夏の埼玉大会を徹底展望!
今年の埼玉は140キロ超えのプロ注目右腕、プロ注目スラッガーなどが多い!

日程・結果一覧
埼玉TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 埼玉大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

<第104回全国高校野球選手権埼玉大会:浦和学院6-5本庄東>◇18日◇4回戦◇県営大宮

 大会が終わって振り返ると王者・浦和学院が真価を問われる試合として挙げるのではなかろうか。王者にとって試練の一戦となった。

 県営大宮球場の第1試合は、優勝候補筆頭Aシード・浦和学院本庄東との一戦である。

 まずスタメンだが、浦和学院は不動のスタメン。一方の本庄東は今春以来の観戦となるが、その時とは大きく打順が変わっている。春3番の坂野 健太(3年)が1番に上がり、春1番の須合 功太朗(3年)が2番に、春4番の島田 己誠(3年)が3番に、春5番の宇野 拳史郎(3年)が4番にそれぞれ上がる。春6番の湯浅 永祐(3年)が5番に上がり、春2番の原 智隼(3年)が6番に入る。

 先発は浦和学院が背番号10の浅田 康成(3年)、一方の本庄東はエース菊池 慎志(3年)が登板し試合が始まる。

 試合は序盤から本庄東ペースで進む。

 先制したのは本庄東であった。

 2回表2死から7番・野中 遼太(3年)が左翼フェンス直撃の二塁打を放ち出塁すると、続く菊池が右翼線へ適時打を放ち1点を先制する。

 本庄東は3回表にも、1死から2番・須合が四球を選び出塁すると、続く島田の右前安打で三塁へと進み1死一、三塁とする。さらに4番・宇野も死球で出塁し1死満塁とチャンスを広げると、続く湯浅が右中間へ2点適時二塁打を放ち浦和学院・浅田をマウンドから引き摺り下ろす。代わった2番手左腕・芳野 大輝(3年)に対しても攻撃の手を緩めず、2死後7番・野中が左前適時打を放つなど、この回一挙3点を奪い4対0とする。

 流れをつかんだ本庄東は、4回表にもこの回先頭の飯野煌己(3年)が四球を選び出塁すると、1死後2番・須合がきっちりと送り2死二塁とすると、続く島田が二塁へ内野安打を放つ。その間に二走・飯野が一気に本塁を奪い5点差をつける。

 これで決まったかと思われた。だが、ここから浦和学院が驚異の追い上げを見せる。

 まず5回裏、浦和学院はこの回先頭の八谷 晟歩(3年)がセーフティーバントを決め出塁すると、すぐさま二盗を決め無死二塁とする。ここで続く大勝 朱恩(3年)が右翼席へ追撃開始の号砲となる2ランを放ち追い上げを開始する。

 浦和学院は6回裏にも、この回先頭の金田 優太(3年)が左中間へ二塁打を放ち出塁すると、続く鍋倉 和弘(3年)の一ゴロで三塁へ進み1死三塁とする。ここで5番・高山 維月(3年)がきっちりと犠飛を放ち2点差とする。

 そして、浦和学院は7回裏、1死から8番・三宅 流架(3年)が中前安打を放ち出塁すると、続く大内 碧真(3年)も左前へポトリと落ちる二塁打を放ち1死二、三塁とする。ここで1番・小林 聖周(2年)が左翼線へ2点適時二塁打を放ち、ついに5対5同点に追いつく。押せ押せとなった浦和学院はさらに続く伊丹 一博(3年)が右前適時打を放ち一気に6対5と試合をひっくり返す。

 投げては6回から登板した浦和学院の3番手・金田が無失点で切り抜ける。

 結局、浦和学院が6対5と逆転で本庄東を下し5回戦進出を決めた。

 まずは本庄東だが、文字通りベストゲームであったであろう。エース菊池を中心に打線も奮起し、王者をあわやというところまで追い詰めた。だが、最後は力尽きた形となった。悔やむべきは中盤以降簡単に走られてしまったところか。ただ、宇野はその点を差し引いても余りあるリード面でのクレバーさを感じた。スタメン全員が3年生で旧チームから主戦で投げていたエース菊池も抜ける秋以降はまた一から作り直しとなるが、今回の経験を生かしたいところであろう。

 一方の浦和学院はとにかく勝ててよかったゲームとなった。小林も打席に入る前に泣きそうになっていたそうだが、先発・浅田も涙ぐんでいたそうで、事実追い込まれてはいた。だが、この日は打線が底力を見せた。

「夏の怖さを実感したのかな。相手の左投手も想定していたのですが、そこでやや気後れしたかなと。大勝のホームランが大きかった。それにしても点を取られ過ぎ」

 と、森監督も試合後反省しきりで、この日不甲斐ない投球であった浅田、芳野等投手陣への奮起を促していた。というのも、今後暑い中、日程が詰まってくると、宮城 誇南(3年)、金田だけでは甲子園以降を考えても厳しい部分がある。浅田、芳野に挽回のチャンスは与えられるであろう。

(取材=南 英博