浦和学院は宮城が上尾を完封で関東決定も8四死球と課題を残す



浦和学院・宮城誇南

<春季高校野球埼玉大会:浦和学院6-0上尾>◇3日◇準決勝◇県営大宮

 爽やかな五月晴れのこの日、大会は準決勝、GW中ということやセンバツベスト4の浦和学院vs公立の雄・上尾戦ということもあり、県営大宮球場の内野席は、ほぼ満員の観客で溢れかえっていた。

 まずスタメンだが、浦和学院は宮城、金田も先発復帰したフルメンバー、センバツ時と全く同じスタメンとなった。一方の上尾は昨秋の直接対戦時との変更点は、2番に岡安 陽向(2年)を入れ、5番に小川 凱也(3年)、秋5番の中村 峰(3年)は8番に入る。

 そして、先発は浦和学院は今大会初先発となるエース宮城 誇南(3年)、一方の上尾は1年生左腕の飯島 恒太が先発し試合が始まる。

 試合は初回から動く。

 浦和学院は先頭の小林 聖周(2年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く伊丹 一博(3年)がきっちりと送り一死二塁とする。ここで3番・金田 優太(3年)がライト前タイムリーを放ちまず1点、二死後5番・高山 維月(3年)が左中間へ二塁打を放ち二死二、三塁とチャンスを広げると、続く八谷 晟歩(3年)がレフト前2点タイムリーを放ち幸先良く浦和学院は3点を先制し飯島をマウンドから引き摺り下ろす。

 ここまでは昨秋と全く同じ展開である。

 問題はこの後登板する上尾の2番手・右サイドの川口 翔太朗(3年)を浦和学院打線がどう打つかである。

 浦和学院は4回裏、その川口に対し、この回先頭の三宅 流架(3年)がレフト線へ二塁打を放ち出塁すると、続く宮城が犠飛を放ち一死三塁とする。ここで、9番・大内 碧真(3年)がきっちりと犠飛を放ち1点を追加する。

 浦和学院はさらに5回裏にも、この回先頭の伊丹がライト前ヒットを放ち出塁すると、一死後、4番・鍋倉 和弘(3年)が四球を選び一死一、二塁とする。二死後、6番・八谷が三塁線を破る2点タイムリー二塁打を放ち6点差をつけ完全に試合の主導権を握る。