Bシード・聖望学園初戦敗退。市立川越が乱戦を制し初戦突破!!



決勝打を放った南(市立川越)

<春季高校野球埼玉県大会:市立川越7-6聖望学園>◇25日◇2回戦◇所沢航空公園

 この日は前日の雨から一転、春らしい陽気となった所沢航空公園球場。第1試合はBシード・聖望学園vs市立川越という2回戦屈指の好カードである。

 ちなみに、この両校は新人戦でも対戦しており、その時は聖望学園が10対3、7回コールドで勝利したが今回はどうか。

 聖望学園は今大会のエースナンバーは左腕の東山 陽紀(3年)、打順は昨秋6番の大橋 優人(3年)が2番に上がり、昨秋2番の三井 颯大(3年)が4番に入る。またこの日は7番に渋谷 一輝(3年)、9番に荒江 思優(3年)が入る。

 一方の市立川越も2番に浅井祐輝(3年)、3番に南創太(2年)が入り、昨秋9番の田島翔大(2年)が4番に村田一生(3年)が6番に上がる。8番には鈴木善(2年)が入り、昨秋は二塁手だった当麻雄大(3年)が今大会は遊撃に入る。

 先発は、聖望学園が一昨年秋には主戦で投げるなど復活にかける北原 鷹門(3年)、一方の市立川越はエースの左腕・関盛宏(3年)が先発し試合が始まる。

 序盤から両校共にチャンスを作るが1点が遠い展開の中、試合が動いたのは3回表であった。

 2巡目を迎えた市立川越は先頭の畠山敦志(2年)が四球を選び出塁すると、続く浅井がきっちりと送り1死二塁とする。ここで3番・南が右翼線へ適時二塁打を放ち1点を先制すると、2死後5番・関も右前安打を放ち2死一、三塁とチャンスを広げる。

 聖望学園ベンチはここで早くも北原を諦め、2番手・右サイドの鎌田悠希(3年)をマウンドに送る。

 だが、その鎌田が誤算であった。

 代わり端、6番・村田に死球を与え2死満塁とすると、続く当麻がフルカウントから右越えの走者一掃となる適時三塁打を浴び、4対0とされマウンドを3番手・エースナンバー左腕の東山へ譲る。

 その東山も代わり端、2死三塁から暴投により、さらに1点を献上する。市立川越はこの回一挙5得点を奪うビックイニングを作り試合の流れをつかむ。