この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

浦和学院がライバル対決に圧勝し5年ぶり秋制覇!



浦和学院の先制シーン

 浦和学院花咲徳栄、埼玉県内のライバルが秋は5年ぶりに相まみえる。5年前の秋と言えば、清水、綱脇、西川、野村など後に花咲徳栄が全国制覇した代と浦和学院は左腕・佐野や本格派右腕・渡邉、蛭間が1年生時の直接対決第1ラウンドである(この代は春も夏も決勝で対決した)。その時は互いに本気度の高いゲームを行い延長の末浦和学院が制したが今回はどうか。

 まずはスタメンだが、花咲徳栄は投手以外前の試合と同じスタメン、一方の浦和学院は前の試合9番の喜屋武 夢咲(1年)を6番に上げ、9番に森 塁(2年)を入れる。

 先発は花咲徳栄が背番号10の右腕・鈴木羚也(2年)、一方の浦和学院は右サイドの金田 優太(2年)が先発し試合が始まる。

 先制したのは浦和学院であった。
 浦和学院は3回裏一死から1番・八谷 晟歩(2年)が出塁すると、続く大内 碧真(2年)もセンター前ヒットを放ち一死一、二塁とする。

 さらにこの打球をセンターが後逸する間に一走・八谷が一気に本塁を奪いまず1点、3番・金田の打球をファーストがファンブルし(記録はヒット)1点を追加する。さらに二死二塁から5番・高山 維月(2年)がライト前タイムリーを放つなど浦和学院が相手のミスに乗じ3点を先制する。

 これで流れを掴んだ浦和学院は、4回裏にも、この回先頭の宮城 誇南(2年)がライト前ヒットを放ち出塁すると、続く森がきっちりと送り一死二塁とする。ここで1番・八谷がセンター前タイムリーを放ちまず1点、続く大内も犠打を決め二死二塁とすると、3番・金田がライト前タイムリーを放ち5点差をつける。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています