この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

優勝候補・浦和学院、打ち勝って準決勝進出!



宮城誇南(浦和学院)

 曇天の中行われた県営大宮球場の第一試合はAシード・浦和学院vs大宮東との一戦である。

 まずスタメン、大宮東は不動のスタメン、一方の浦和学院は打順やメンバーが前の試合からかなり変わっている。相手が左ということもあったか1番に八谷 晟歩(2年)を据え、大内 碧真(2年)を2番に上げ、前の試合2番の金田 優太(2年)は3番に、3番であった高山 維月(2年)を5番に下げる。6番には藤野 航(2年)が入り、9番には江口 英寿(1年)が入る、地区予選の初戦に近いオーダーとなった。

 先発は浦和学院宮城 誇南(2年)、大宮東清水 慶斗(2年)と両エース左腕が登板し試合が始まる。

 試合は初回から激しく動く。
 まず、大宮東は初回、浦和学院・宮城の立ち上がりを攻め、先頭の菊谷伶央(2年)が四球を選び出塁すると、続く渡邉健翔(1年)がきっちりと送り一死二塁とする。3番・木村 壮吾(2年)がレフト前ヒットを放ち一死一、三塁とすると、続く山岸大悟(2年)もレフト前へタイムリーを放ちまず1点、さらに二死後、6番・桑野倖成(1年)が死球で出塁し二死満塁とすると、続く押山隼太(2年)がセンター前へ2点タイムリーを放ち、大宮東が3点を先制する。

 対する浦和学院もその裏すぐに反撃を開始する。
 二死から3番・金田がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く伊丹一博(2年)もライト前ヒットを放ち二死一、二塁とする。5番・高山もレフト前ヒットを放ち二死満塁とすると、続く藤野がファースト強襲の2点タイムリーを放ち1点差とする。

 浦和学院は2回裏にも、この回先頭の宮城がライト線へ二塁打を放ち出塁すると、続く江口がきっちりと送り一死三塁とする。ここで1番・八谷がきっちりと犠飛を放つなど浦学院は2回で3対3の同点に追いつく。

 3回以降は浦和学院・宮城のボールが走り始め、尻上がりに調子を上げて行く。一方の大宮東・清水だが、ボール自体は来ているのだが、勝負所での制球が甘い。

 案の定浦和学院は3回裏、二死から高山がレフト線へ二塁打を放ち二死二塁とすると、続く藤野がセンター前タイムリーを放ちまず1点、代わった2番手・左サイド吉田昴生(2年)に対しても、7番・鍋倉和弘(2年)がライトフェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち5対3と逆転に成功する。

 これで流れを掴んだ浦和学院は、5回裏にも一死から6番・藤野が三塁線を破る二塁打を放ち出塁すると、続く鍋倉がセンター前ヒットを放ち一死一、三塁とする。8番・宮城が死球で出塁し一死満塁とすると、二死後、1番・八谷がレフト前へ2点タイムリーを放ち7対3とし大宮東・吉田をマウンドから引きずり降ろす。

 代わった3番手・髙橋亮匡(2年)に対しても浦和学院は攻撃の手を緩めず、二死一、二塁から2番・大内、3番・金田が連続四球を選ぶなど押し出しで1点を追加し5点差とする。