この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

新チームを引っ張る主将と1年生、打線好調な上尾が県大会へ



川口翔太朗(上尾)

 上尾市民球場の第一試合は新人戦ベスト4(新人戦は天候不良の影響によりベスト4で打ち切り)の上尾本庄との一戦となる。

 先発は上尾が今夏の登板経験もある右サイド川口翔太朗(2年)、一方の本庄は左サイドのエース寿永直人(2年)が登板し試合が始まる。

 先制したのは上尾であった。

 上尾は初回、本庄・寿永の立ち上がりを攻め、先頭の石川 陽己(2年)が四球を選び出塁すると、続く太田壱鳳(2年)の所でベンチはエンドランを仕掛ける。太田は内野ゴロに倒れるが走者を進め一死二塁とする。さらに3番・金丸 健司(2年)が死球で出塁し一死一、二塁とチャンスを広げると、続く駿河咲季也(1年・東京神宮シニア)がライト越えのタイムリー三塁打を放つなど、上尾が幸先良く2点を先制する。

 上尾は2回表にもこの回先頭の野口大翔(2年)がレフト越えの二塁打を放ち出塁すると、続く川口がきっちりと送り一死三塁とする。ここで9番・大西健太(2年)のプッシュ気味のスクイズが内野安打となり1点を追加し3点差をつける。

 これで流れを掴んだ上尾は、3回裏にも一死から3番・金丸、4番・駿河が共に四死球を選び一死一、二塁とし、本庄・寿永をマウンドから引きずり降ろす。代わった2番手・右サイドの小島智也(1年)に対しても二死から6番・中村峰(2年)がレフト前ヒットを放ち二死満塁とする。続く野口が押し出し四球を選びまず1点、8番・川口もセンター前タイムリーを放ち5対0とする。

 上尾はその後も攻撃の手を緩めず、5回裏に6番・中村のヒットに2四死球を絡め満塁とし、1番・石川のサード強襲タイムリーと押し出しで7点差、6回裏にもこの回先頭の駿河が三塁線を破る二塁打を放つと、6番・中村がレフト線へタイムリー二塁打を放ち8対0としコールドペースへ持ち込む。

 だが、このままでは終われない本庄は7回表、土壇場で反撃を開始する。