川口が乱打戦の末、相手マシンガン継投を打ち砕き準決勝進出!

 県営大宮球場の第二試合は前の試合で優勝候補・花咲徳栄を倒し勢いに乗る山村学園川口との一戦となる。

 スタメンは山村学園が前の試合と全く同じスタメン、一方の川口は前の試合から大幅にオーダーが変わっている。前の試合3番の服部を1番に、5番の北村を3番に、7番の中込を5番に上げる。7番には市田が入り、前の試合6番の石橋が8番、8番の清水が9番に入る。

 先発は川口がエース左腕の市田、一方の山村学園はこれまで同様に2年生左腕の佐藤実が先発し試合が始まる。

 試合は前評判通りノーガードの打ち合いとなる。

 先制したのは川口であった。

 2回表、この回先頭の檜木がライト前ヒットを放ち出塁すると、続く中込がきっちりと送り一死二塁とする。ここで6番・菊池、7番・市田が連続死球で出塁し一死満塁とする。さらに続く石橋も押し出しの四球を選びまず1点、さらに9番・清水がライト前タイムリーを放つと、続く服部も犠飛を放つなど、川口が結局この回3点を先制する。

 一方の山村学園もその裏すぐに反撃を開始する。

 山村学園は2回裏、この回先頭の坪井がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く佐藤裕がきっちりと送り一死二塁とする。二死後7番・高野がライト前へポトリと落ちるタイムリーを放ちすぐに1点を返す。