松山がBシード上尾を接戦で下しベスト8へ

 県営大宮球場の第二試合はBシード・上尾松山という公立伝統校同士の一戦となる。

 まずはスタメンだが、上尾は前の試合からの変更点は7番に川田 駿介(3年)を入れた所だ。一方の松山は前の試合から大幅に変更し2番に嶋口颯(2年)を入れ、5番には鳥塚大輝(2年)を入れる。前の試合6番の山岸裕弥(1年)と8番の佐藤芳樹(3年)を入れ替え、7番には山田陽(2年)を入れる。

 先発は上尾がエース新井 陸斗(3年)、一方の松山は背番号10の左腕・佐藤が登板し試合が始まる。

 先制したのは松山であった。

 松山は初回、上尾・新井の立ち上がりを攻め先頭の長谷虎太郎(3年)がセンター前ヒットを放ち出塁するとすぐさま二盗を決める。一死後、3番・太刀川嵐(3年)がショートゴロエラーで出塁し一死一、三塁とチャンスを広げると、二死後ダブルスチールを仕掛ける。

「この場面、実は、直前で上尾・高野監督が『来るぞ』と選手達に声かけていたので、取り消しのサインを出したのですが、一走が行ってしまって。えーいやってしまえと」

瀧島監督も腹をくくったそうだが、これが見事に決まり松山が先制する。

 その後は両投手が好投し試合が落ち着く。松山の佐藤は緩いカーブを巧みに使いこの日は制球も良い。一方の上尾・新井は今大会やや不調であったが、この日は素晴らしい出来であった。ストレートは両コースにきっちりと決まり、スライダーやカットボールのキレも良く今大会好調の松山打線に対し序盤3回で6奪三振を奪う。

 試合は両投手の好投の踏ん張りもあり1対0のまま終盤戦へ進む。