最終回4点差同点も6連覇のかかる花咲徳栄サヨナラで敗退!

 大変な事が起こった。とはいえ、その予兆もあった。

 県営大宮球場の第三試合は強力打線に140km右腕5人を擁し優勝候補最右翼・花咲徳栄とマシンガン継投に打線も勢いに乗っている山村学園との一戦となる。

 スタメンは花咲徳栄が投手以外は不動のスタメン、一方の山村学園はこの試合5番に佐藤 裕一郎(3年)を入れ、前の試合9番の井上 翔汰(2年)を6番に上げる。それにより高野 壮瑠(1年)を7番に下げ、秋本 光誠(3年)も9番に下げる。

 先発は花咲徳栄がプラン通り今大会初戦に先発した髙安 悠斗(3年)、一方の山村学園が佐藤 実倫(2年)で試合が始まる。

 先制したのは勢いに乗る山村学園であった。

 山村学園は初回、花咲徳栄・髙安の立ち上がりを攻め、先頭の佐藤 塁大(3年)がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く今岡 達哉(1年)がきっちりと送り一死二塁とする。二死後、4番・坪井 蒼汰(2年)がライト前タイムリーを放ち、幸先良く1点を先制する。

 すると、山村学園は前の試合同様にマシンガン継投を開始する。2回無失点の先発・佐藤 実を諦め、3回からは2番手・小泉 裕貴(3年)がマウンドに上がる。小泉は2安打を浴びたが無失点に抑えると、4回からは3番手左腕の田中 翔太(2年)がマウンドに上がる。田中も期待に応え2回を無失点に抑える。

 一方、花咲徳栄・髙安も序盤こそややボールが高かったが徐々にボールの高さも安定し、相手打線を封じる。

 両校投手陣の好投もあり1対0のまま試合の前半を終える。