山村学園がマシンガン継投と一発攻勢で大宮東に勝利し花咲徳栄への挑戦権を得る!

 レジデンシャルスタジアム大宮の第三試合は山村学園大宮東という強豪校同士の一戦となる。勝てば次の相手は花咲徳栄となる。花咲徳栄への挑戦権を得るのは果たしてどちらか。

 スタメンは大宮東が投手以外は前の試合と同じ。一方の山村学園は昨秋からメンバーが大幅に変わっている。スタメンの6人が1、2年生という若いチームになった。基本的には初戦の入間向陽戦に近いオーダーで今大会初戦1番を打っていた佐藤 塁大(3年)が1番に復帰、昨秋6番~8番を打っていた浦和リトルシニアの全国優勝メンバー坪井 蒼汰(3年)が今大会満を持して4番に座る。さらに5番には村岡 良祐(3年)、6番には1年生の高野 壮瑠、9番には井上 翔汰(2年)が入る。

 先発は大宮東
「山村の強力打線の前に吉田は緩いボールがあるので嵌めていければと思い」(河西監督)
ということで背番号20の・吉田 昴生、一方の山村学園はこれまでの試合同様に佐藤 実倫が先発と両2年生左腕が登板し試合が始まる。

 先制したのは山村学園であった。

 山村学園は初回、大宮東・吉田の立ち上がりを攻めたて、いきなり佐藤 塁がライトスタンドへ先頭打者本塁打を放ちチームに勢いをもたらす。

 これで勢いに乗った山村学園は、続く今岡 達哉(1年)が左中間へ二塁打を放ち出塁すると、続く酒井 大輝(2年)がセーフティーバントを決め無死一、三塁とする。さらに4番・坪井の所で一塁走者とのエンドランを仕掛けると、坪井はあわや本塁打という特大の犠飛を放つなど、幸先良く2点を先制する。