守乱に乗じAシード昌平が秀明英光・岩井を攻略



昌平先発の川島新大

 県営大宮球場の第一試合はプロ注目主砲の吉野 創士(3年)を擁するAシード・昌平対MAX142km右腕・岩井 裕貴(3年・越谷ボーイズ)を擁する秀明英光との一戦である。昌平打線が秀明英光・岩井をどう攻略するかがこの試合のテーマとなる。

 まずスタメンだが、昌平は昨秋から多少オーダーが変更になっている。5番を打っていた福地 基(3年)が2番、8番を打っていた後藤 壮太(3年)が5番に上がり、小林 飛雄馬(2年)と川田 悠貴(3年)が入れ替わっている。さらにスタメンは昨秋地区の初戦で鷲宮戦以来となる山村 羅偉(3年)が今大会は8番に座る。一方の秀明英光は今大会元キャッチャーの岡田嘉斗(3年)がレフトへコンバートされ、本来ファーストで考えていた1年生の山﨑寛悠がマスクを被る。ファーストには辻本拓馬(3年)が入り試合へ臨む。

 先発は秀明英光がエースの岩井、一方の昌平は2年生右腕・川島 新大(2年)が先発し試合が始まる。

 試合は初回から昌平打線が秀明英光・岩井に襲い掛かる。

 昌平は先頭の寺山 太陽(3年)が初球を捉えセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く福地がきっちりと送り一死二塁とする。3番・吉野はレフトフライに倒れたのだが、レフトが目測を誤り(記録は二塁打)一死二、三塁とチャンスを広げると、二死後5番・後藤の大きなセンターフライに対しセンターがグラブに当てながら落球するなど昌平がラッキーな形で2点を先制する。

 一方の秀明英光にとってはいきなりコンバートによる守備の綻びが出てしまった形だ。

 昌平は4回裏にも、この回先頭の後藤が深めのセンターの前へポトリと落ちるヒットを放ち出塁すると、続く小林がきっちりと送り一死二塁とする。ここで7番・川田がファースト強襲のタイムリーを放ち1点を追加すると、ライトがジャックルする間に二塁へと進む。続く山村がレフト前へタイムリーを放つとさらにレフトが後逸する間に三塁へと進む(記録は三塁打)。ここで9番・川島もファースト強襲のタイムリーを放ち4対0、さらに続く寺山がレフト前ヒットを放ち二死一、二塁とすると、さらにキャッチャーのファンブルでそれぞれ進塁し、キャッチャーの三塁への悪送球で二走・川島が本塁へ生還し6点差をつける。2番・福地にもライト前タイムリーが飛び出すなど、結局昌平はこの回一挙5点を奪うビックイニングを作りコールドペースへと持ち込む。

 秀明英光の反撃は6回表であった。

 秀明英光は二死から9番・伊藤翔流(3年)が右中間へ二塁打を放ち出塁すると、続く伊藤 翔(3年)がセンター前タイムリーを放ち1点を返す。

 昌平ベンチは6回で先発・川島を諦め継投へと入る。だが、この日は昨秋チームを引っ張っていた2番手・右サイド吉川 優一朗(2年)がピリッとしない。

 7回表、1点を返し俄然勢いの出てきた秀明英光に対し、7回表一死から4番・岡田に四球を与えると、続く大賀光雲(3年)にも四球を与え一死一、二塁とされる。ここで6番・山﨑にライト前ヒットを浴び一死満塁と傷口を広げると、続く寺島大貴(3年)にも押し出しの四球を与え、早くもマウンドを3番手・左腕の川久保 匠(2年)に譲る。川久保も代わり端、8番・高橋建丈(2年)の所でワイルドピッチを放り7対3とされるが後続は打ち取り事なきを得る。

 追い上げられた昌平はその裏、すぐに突き放しにかかる。

 7回裏一死から後藤がライト前ヒットを放ち出塁すると、続く小林の所で昌平ベンチはエンドランを仕掛ける。小林はセカンド正面のゴロを放つが、これをセカンドが後逸し一死一、三塁とチャンスが広がる。二死後、一走・小林がディレードスチールを決め二死二、三塁とすると、8番・山村がレフト越えの2点タイムリー三塁打を放ち試合の大勢が決する。

 投げては、昌平の3番手・川久保がその後秀明英光打線を封じる。結局昌平が9対3で秀明英光を下しベスト8へ駒を進めた。