浦和学院、宮城、三奈木のノーヒットリレーで狭山ヶ丘を破る



浦和学院・宮城誇南

 県営大宮球場の第一試合は優勝候補・浦和学院対昨夏の覇者・狭山ヶ丘という一回戦屈指の好カードである。

 まずはスタメンだが、浦和学院河原 杜吾(3年)に代え9番に好調の2年生金田優太を入れる。金田は本来ショートも守れる選手で守備の評価も高くチームの期待も大きい。一方の狭山ヶ丘は最初から継投を意識していたのか左サイドの齋藤光騎(3年)をファーストに入れ、8番、9番がピッチャーとやや守備的な布陣を取る。また、宮下愛叶(3年)がサードからショートに、杉田大将(3年)がショートからサードに守備位置が変更となった。

 先発は浦和学院がMAX140km左腕の2年生エース宮城 誇南、一方の狭山ヶ丘は地区予選の坂戸戦でロングリリーフしチームを救った星野碧海(3年)が登板し試合が始まる。

 試合は初回から浦和学院打線が狭山ヶ丘・星野に襲い掛かる。

 浦和学院狭山ヶ丘・星野の立ち上がりを攻め立て、先頭の吉田 匠吾(3年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く八谷晟歩(2年)の所でバッテリーエラーが起こり一走・吉田匠が二進する。八谷はきっちりと送り一死三塁とすると、3番・松嶋 晃希(3年)も四球を選び一死一、三塁とする。さらに続く吉田 瑞樹(3年)の所で松嶋がすぐさま二盗を決め一死二、三塁とすると、吉田瑞の強烈なショートへの打球が内野安打となり一死満塁とチャンスが広がる。ここで6番・三奈木亜星(3年)のショートゴロの間にまず1点、さらに続く藤井 一輝(3年)もレフト前タイムリーを放ち浦和学院が幸先良く2点を先制する。

 すると、狭山ヶ丘ベンチは1イニングで星野を諦め、2回からはこの日ファーストで先発していた左サイドの齋藤へスイッチする。星野をファーストに配し状況によりいつでもマシンガン継投をする構えだ。このあたりは帝京・前田監督の教え子である平澤監督、前田イズムの一端が垣間見えた部分だ。

 その齋藤、地区予選の坂戸戦では惨憺たる結果であったが、この日はその汚名返上とばかりに緩い球を巧みに使い、2回以降浦和学院打線の勢いを消す投球を見せる。

 狭山ヶ丘とすればここから反撃を開始したい所だが、浦和学院・宮城の前にノーヒットに封じられてしまう。

 すると、一つのエラーを導火線とし浦和学院打線が再度活発化する。

 5回裏、浦和学院は一死から2番・八谷のサードゴロに対し、サードの一塁送球が悪送球となり一死二塁とチャンスを得る。二死後、4番・吉田瑞の所で二走・八谷が三盗を決めると、結局吉田瑞も四球を選び二死一、三塁とする。続く三奈木が追い込まれた所で浦和学院ベンチはエンドランを仕掛けると、三奈木が見事に応えライト線へ2点タイムリー二塁打を放ち4点差をつけ齋藤をマウンドから引きずり降ろす。

 投げては浦和学院・宮城が狭山ヶ丘打線を圧倒する。この日の宮城は地区予選の浦和麗明戦以上の出来で、特にストレートの出来が良く6回までに5者連続2回を含む10奪三振とほぼ完璧な投球を披露する。

 狭山ヶ丘もその後浦和学院打線に対し、2人の1年生、183cmの長身右腕でMAX135kmの加藤健太(狭山西武ボーイズ)に右サイドの深見脩斗と必死の継投で何とか無失点で切り抜けるが、この日は頼みの打線が最後まで沈黙したままだった。

 浦和学院は宮城が8回までノーヒット、与四球1、13奪三振という準完全ペースの投球をしていたが、9回に三奈木にスイッチする。三奈木もMAX142kmのストレートを中心に危なげなく無失点で抑える。