山村国際が地区予選から3試合連続無失点!2人の右腕が好投し県大会初戦突破!



4回裏、一死満塁のピンチを投直併殺で仕留め笑顔でベンチへ戻る喜多村(山村国際)

 24日、大会2日目を迎えた春季埼玉県大会の山村国際大宮南の1回戦は、山村国際が6対0で快勝し、地区予選から3試合連続無失点で県大会の初戦を飾った。

 地区予選に続き、この試合も投手陣が光った。今季2度目の先発となったエースのサイド右腕・喜多村 孝夫は「チェンジアップが合っていなかったので、後半は有効に使えました」と大宮南のバッター陣に的を絞れせず、泳がせて外野フライで打ち取るシーンが目立った。

 今季未だ無失点の喜多村だが、「今日は危ないシーンもあった」と4回の1死満塁の場面を振り返った。先頭に四球を与え、送りバントを二塁転送で封殺。しかしその後2連打を浴びこの日一番のピンチを迎えた。打席には9番・小島秀仁。1ボール2ストライクから5球ファウルで粘られたが、最後は投直の併殺で抑え無失点で切り抜けることができた。

 チームを率いている大坂 仁監督もこのシーンが象徴していたように、「ランナーを出してもバッター勝負で辛抱強く投げれるようになった。粘り強くなりました」と昨秋からの成長を実感する。

 打線は6回、一死一、三塁の場面で途中出場の8番・河瀬 翼の二ゴロの間に1点を先制。その後1番・星野 遥斗に適時打が生まれ2点を挙げた。続く7回にも7番・新井 晴大の走者一掃の3点適時2塁打でリードを広げ、後半戦につなげた。

 そして、8回からは長身右腕・登坂 秀太がマウンドへ登る。1年夏から公式戦のマウンドを経験するも2年生の時期は投げれておらず、昨秋はベンチからも外れていた。しかし今季から復調し「やっと本来のボールに近付いてきた」と指揮官が語るように速球を投げ込み2回を無安打で抑え試合を決めた。

 盤石な投手陣を誇る山村国際。「花咲徳栄浦和学院を倒して優勝して関東に出場したい」とエース喜多村は力強く語った。次戦は26日に埼玉栄と2回戦を戦う。

(取材=編集部)