大宮南が延長の末シード校武南を破り県大会進出



8回裏、武南・小幡の同点犠飛で得点

 「勝ちに不思議の勝ちあり」とは言ったものだが、ヒット数は相手に倍の本数を浴び、エラーは7つを喫する。それでも勝てるのだから野球は面白い。

 川口市営球場の第1試合は、昨秋はMAX140km右腕原口擁する川口市立に1点差で敗戦した武南大宮南との一戦である。

 先発は大宮南が背番号10の小島 秀仁(3年)、一方の武南は2年生エースの石橋 凪仁が登板し試合が始まる。

 大宮南は序盤から足でプレッシャーをかける。

 大宮南は初回武南・石橋の立ち上がりを攻め、二死から3番・圓田 旺介(3年)がライト前ヒットを放ち出塁すると、続く老川 大智(3年)のサードゴロが相手エラーを誘い二死一、二塁とする。5番・風間 瞭佑(3年)の所で大宮南ベンチはダブルスチールを仕掛けると、これがキャッチャーの三塁への悪送球を呼び幸先良く1点を先制する。

 大宮南は2回にもこの回先頭の齋藤 大介(3年)、続く仲澤 翔渉(3年)が連続四球を選び無死一、二塁と労せずチャンスを得る。8番・木村 衛太朗(3年)がきっちりと送り一死二、三塁とすると、続く小島のショートゴロが相手エラーを誘い2点を追加し序盤で3点差をつける。

 勢いに乗った大宮南は、3回表にも一死から3番・圓田がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く老川もライト前ヒットを放ち一死一、二塁とする。大宮南はここでもダブルスチールを仕掛けるが失敗に終わると後続も倒れ無得点に終わる。5回表にも2四死球を選び一死一、二塁とすると、9番・小島は右中間へヒット性の当たりを放つ。だが、ライト嶋田のファインプレーに阻まれると、ヒットと確信していた二走・齊藤も戻れず併殺となる。

 「5回表の場面はあのあたりで一気にワンサイドに持って行きたい所だったんですが、さすがシード校ですね」
大宮南・蓜島監督も舌を巻いたが、このあたりから試合の流れが変わる。

 序盤から毎回のように走者こそ出すがなかなか打線が噛み合わなかった武南は、5回裏一死から1番・川田大智(3年)が死球で出塁すると、すぐさま二盗を試みる。これがキャッチャーの悪送球を呼び一死三塁とすると、続く成田陸(3年)が右中間へタイムリー二塁打を放ち1点を返し5回を終える。

 6回を迎え両校共に継投に入る。大宮南はエース田村尚大(3年)、武南の稲村航大(2年)がマウンドに上がる。特に稲村はテンポが良い投球で流れを武南に持ち込む。

 武南は6回裏にも大宮南の2番手・田村の代わり端を攻め、この回先頭の石橋がサードへの内野安打を放ち出塁すると、続く越沼大喜(2年)もレフト前ヒットを放ち無死一、二塁とする。さらに7番・小幡圭祐(3年)の所でピッチャーの2塁への牽制が悪送球となり無死二、三塁と絶好の同点機を迎えると、小幡の内野ゴロでまず1点、さらに二死一、三塁から武南ベンチはお返しとばかりにダブルスチールを仕掛けるとこれが見事に決まり3対3の同点とする。