打線好調な入間向陽が飯能南を5回コールドで退け初戦突破



伊藤翼(入間向陽)

 昨年はCOVID-19感染拡大のため中止を余儀なくされた埼玉県の春季大会が2年ぶりに開催される。奇しくも昨日、隣県である東京都にまん延防止等重点措置が4月12日から適用されることが決まったが、埼玉県は今のところスケジュール通り大会が開催される予定だ。ただし、地区予選は原則無観客で野球部員とその保護者、学校関係者のみが入場でき、県大会から人数制限付きで一般観戦者も入場できる。

 飯能市民球場の第1試合は昨秋地区予選で西部地区の強豪である聖望学園相手に、一時は6点差をつけられながら追いつくも延長の末敗れた入間向陽飯能南の一戦となった。

 先発は入間向陽伊東 翼(3年)、飯能南の右サイドスロー加治屋雄輝(3年)と両エースが登板し試合が始まる。

 試合は序盤から一方的な展開となった。

 入間向陽は初回、飯能南・加治屋の立ち上がりを攻め立て、先頭の平塚凛(3年)が右中間へ二塁打を放ち出塁すると、一死後3番・朝倉力(3年)もレフト前ヒットを放ち一死一、三塁とする。さらに続く渡邉崚太(3年)の所で一走・朝倉が二盗を決め一死二、三塁とすると、渡邉はライトへ2点タイムリー二塁打を放つ。さらに5番・村岡永遠(3年)もセンター前タイムリーを放つなど入間向陽が幸先良く3点を先制する。

 一方の飯能南もその裏、入間向陽・伊藤の立ち上がりを攻め、先頭の金子陽太朗(3年)がレフトへソロ本塁打を放ちすぐに2点差とするが後続が続かない。