接戦を物にした昌平、秋は初の関東へ!



3回に4番・古賀智己が先制の2ランホームランを放つ
【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 県営大宮球場の第一試合Bシード・春日部共栄対プロ注目の吉野 創士(2年)を擁する昌平、共に打線が好調な両チームの一戦なだけにハイスコアになるかと思われたが、試合はロースコアで進んだ。

 まずスタメンだが、春日部共栄は前の試合と全く同じ布陣、一方の昌平は地区予選初戦の鷲宮戦から比べると2番・川田 悠貴(2年)が6番に、6番・後藤 壮太(2年)が8番と打順はかなり変わっている。そして吉野創の前を打つ重要な2番には前の試合スタメンを外れていた大熊 颯平(2年)が復帰する。

 先発は春日部共栄がエース左腕の髙橋正吾(2年)、一方の昌平は前の試合で好投した背番号18の右サイド吉川 優一朗(1年)が先発し試合が始まる。

 この試合どうしても注目が集まったのは吉野創だ。今大会打率が8割近く目下絶好調のプロ注目吉野創に対し春日部共栄・髙橋がどう抑えるのかが鍵となる。

 昌平は1回裏、春日部共栄・高橋の立ち上がりを攻め先頭の寺山 太陽(2年)がサードゴロエラーで出塁すると、続く大熊がきっちりと送り一死二塁とし吉野創を迎える。
 この日の高橋は前の山村学園戦とは別人のようにストレート中心の投球となった。しかも右打者のインコースに投げる割合が多い。だが、昌平ベンチもそれは織り込み済みだったようで、黒坂監督は特に右打者にはインコースを狙い、回転で打つ、つまりドアスイングにならず巻き込むようにインサイドアウトの軌道でバットを出す指示を出す。