春日部共栄が山村学園・小泉を攻略しコールドで準決勝へ!



エース・小泉裕貴(山村学園)

 大宮市営球場の第一試合はBシード・春日部共栄山村学園という共に強打が売りのチーム同士の一戦となった。

 春日部共栄髙橋 正吾(2年)、石﨑 慶太郎(2年)のバッテリーに増田 凛之介(2年)など昨秋のスタメンが4人残る。一方の山村学園は1年春から登板していたエース小泉裕貴(2年)はもちろんだが、今夏出場していた1番・佐藤 塁大(2年)や1年生坪井 蒼汰、左腕の石下 柚太(2年)や福田 拓実(2年)などが公式戦経験を積んでいる。

 先発は山村学園・小泉、春日部共栄・左腕の髙橋と両エースが登板し試合が始まる。

 打撃好調の春日部共栄は初回から山村学園・小泉に襲い掛かる。

 初回先頭の吉村 颯(1年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く篠崎匠(2年)がきっちりと送り一死二塁とする。さらに、3番・増田がセンター前ヒットを放ち一死一、三塁とチャンスを広げると、続く石﨑がレフト前タイムリーを放ち春日部共栄が幸先良く1点を先行する。打者はいずれも高めに入った変化球を捉えたものだ。

 だが、その後一死一、二塁のピンチは山村学園バッテリーがそれを察知しストレート勝負に転じ連続三振を奪う。春日部共栄は1点でこの回の攻撃を終えた。

 だが、2回裏二巡目を迎える所で早くも山村学園・小泉を完全に捉える。

 一死から8番・山口 叶翔(1年)が三振振り逃げで出塁すると、続く飯塚 洸貴(2年)もレフト前ヒットを放ち二死一、二塁とする。さらに、1番・吉村もレフト前ヒットを放ち二死満塁とすると、続く篠崎が左中間へ走者一掃のタイムリー二塁打を放ち4対0、さらに3番・増田もレフトスタンドへ2ラン本塁打を放ちあっという間に6点差をつけ山村学園・小泉をマウンドから引きずり降ろす。

 一方の山村学園もすぐに反撃を開始する。

 3回表、この回先頭の難波 歩叶(2年)がライト前ヒットを放ち出塁すると、続く井上 翔汰(1年)も四球を選び無死一、二塁と絶好の反撃機を迎える。だが、後続が凡退し内野ゴロの間による1点のみで攻撃を終了する。

 それでも山村学園は5回表、二死から9番・井上翔が左中間へ三塁打を放つと、続く佐藤塁がセンター前へタイムリーを放ち6対2としジワジワと追いかけ始める。

 このあたりは、春日部共栄ベンチもエース髙橋も厳しい状況であったはず。というのも、山村学園打線も2巡目から3巡目を迎え、春日部共栄・髙橋の変化球に対し、低めのゾーンを上げきっちりと見極めていた。ブルペンでは右投手が用意していたが、山村学園打線は左打者が5人おり、安易にエース髙橋を下げる訳にもいかない。