2020年09月22日 越谷市民球場

浦和実vs越ヶ谷

2020年秋の大会 埼玉県大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

今年は野手に実力者揃う!浦和実が越ヶ谷をコールドで下してベスト16進出へ!



勝利した浦和実
【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 20日より開幕した秋季埼玉県大会。4連休最終日となった22日の越ヶ谷球場でも試合が行われ、浦和実越ヶ谷が対戦した。

 浦和実は世代屈指の好投手・豆田 泰志が旧チームでは注目を集め続けたが、新チームは野手に注目していきたい。なかでも2~4番に座る旧チームからの経験者3人は要注目だ。

 まず2番に座った今井健太郎は強打の2番打者だ。バットを立てたままコンパクトな構えから少しアッパー気味だが、バットを振り抜き、チャンスを広げていく。また高いバットコントロールで、追い込まれてもファールで粘ることができる器用さも併せ持つ。もちろん、送りバントもきっちりでき、対戦する投手としては嫌なバッターだ。

 3番・佐藤晴は夏の南部地区代表決定戦の対浦和学院戦で好投手・美又 王寿から二塁打を放つ活躍をしており、バットの軌道は少しアッパー気味でボールにスピンをかけており、スイングそのものも鋭い。懐の深いところにボールを引き付けてミートするフォームはスラッガーの風格が漂う。

 そして4番・熊谷宇哲は2人のように目立った癖はなく、洗練されたフォームが特徴。どのボールに対してもある位程度の対応が出来るスイングではあるが、体つきを見れば甘いボールが来れば長打にするパワーもあることはわかる。

 油断ならない3人のスラッガーを要する浦和実だが、初回に先発・杉山絢信が安定せず、いきなり一死満塁とピンチを作ったところで、2番手・青山澪羅にスイッチ。その青山は5番・秋山詞音のタイムリー、6番・北島颯太の犠牲フライで2点を失う苦しいスタートとなった。

【次のページ】 浦和実vs越ヶ谷(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
昨春の関東大会で脚光 最速147キロ右腕のドラフト候補・豆田泰志(浦和実)の軌跡 【ニュース - インタビュー】
第1244回 吉田輝星タイプと評される怪腕・豆田泰志(浦和実)はなぜ順調に成長ができたのか? 【2020年インタビュー】
【動画】激戦埼玉の実力校・浦和実業の練習に密着!これが「浦実スタイル」だ! 【ニュース - 高校野球関連】
浦和学院vs浦和実【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
浦和実vs大宮東【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
浦和実vs南稜【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第997回 2020年の埼玉は春日部共栄、聖望学園、浦和実だけの強豪だけではなく、秋の県大会に出ていない山村学園も脅威!【大会展望・総括コラム】
西武台vs浦和実【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
第937回 【埼玉大会総括】花咲徳栄5連覇達成!2019年夏を熱くした埼玉の強豪たち【大会展望・総括コラム】
市立川越vs浦和実【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
第992回 奪三振率の高さを生み出す「強い信念」と「明確な自己分析」 豆田泰志(浦和実) 【2019年インタビュー】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
浦和実 【高校別データ】
越ヶ谷 【高校別データ】
令和2年度 秋季埼玉県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る