2020年09月22日 上尾市民球場

昌平vs正智深谷

2020年秋の大会 埼玉県大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

今年の昌平は吉野創士だけではない!14安打10長打12得点で正智深谷に5回コールド勝ち!



3番センター・吉野創士(昌平)
【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 「今年は粘りが売りで、守備型チーム」
 昌平の黒坂洋介監督は、今年のチームをそう評している。実際に地区予選の鷲宮戦は終盤に逆転して、5対4の1点差勝利。1回戦の松山戦も4対1で、その評価は間違いないといえる。だが、正智深谷との一戦はそれまでのイメージを一変させる試合内容だった。

 まず1回表、2番・大熊 颯平(2年)の右中間を破る三塁打から3番・吉野 創士(2年)が三遊間を破る左前適時打で1点を先制。そして2回表にはさらに昌平の打線がつながる。

 6番・川田 悠貴の二塁打から始まり、8番・後藤 壮太の犠飛、1番・寺山 太陽の適時三塁打、2番・大熊の適時二塁打、そして3番・吉野が低めのスライダーをとらえ、左中間へ消える本塁打。救い上げた本塁打だったが、去年よりもタイミングの取り方がうまくなり、さらにスイング軌道にも変化があり、救い上げるスイング軌道となった。踏み出した時、若干、腰を開きつつ、インステップ気味にして、いわゆる体の開きを抑えたツイスト気味の打法を行って鋭い打球を飛ばす選手。夏の独自大会後、不調に陥り、そこから黒坂監督とマンツーマン指導で調子を取り戻してきた。

 この日はセンターから高校生とは思えないほどのスローイングを連発。特にバックホームの返球は深い位置からでもダイレクト返球ができていた。いわゆる刺せる肩であり、この日は足で見せ場はなかったが、俊足プレイヤーでもある。さらに吉野は4回表にも内角に入った直球に対し、右ひじをたたんで左前適時打。その後、打線は14安打12得点の猛攻で5回コールド勝ちを収めた。

 3打数3安打4打点の活躍に吉野は「調子は上がってきましたし、タイミングの取り方もよくなってきました」と手ごたえを感じている。

 吉野の言葉にあるように、1年生からの課題はタイミングの取り方だった。1年生までの吉野はすり足気味に上げていく吉野は体が前傾気味になってしまい、回転不足の打撃フォームとなり、凡打もあった。今は左足をしっかりと上げてタイミングを計り、先ほどにも記したように体の開きを抑える打ち方によりボールを見る時間をいつもより長くしたことでコンタクト率を高めている。創意工夫をしながら、技術を高めている姿勢は素晴らしい。まだスカウトの姿はないが、勝ち進めば、視察する球団も増えてくるだろう。現時点でも野村 佑希花咲徳栄ー北海道日本ハム)の2年秋時に負けないパフォーマンスを見せている。楽しみな逸材だ。

【次のページ】 昌平vs正智深谷(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【関東大会】東海大相模がコールド勝ちでベスト8!専大松戸、鎌倉学園、東海大甲府も8強へ<25日の結果・トーナメント表> 【ニュース - 高校野球関連】
昌平や東海大相模、専大松戸など強豪続々登場の2日目の注目ポイントは? 【ニュース - コラム】
昌平vs細田学園【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
昌平vs春日部共栄【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
細田学園vs大宮東【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
昌平vs川越東【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
昌平vs鷲宮【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
第1017回 浦和学院と埼玉栄が同ブロック!また夏の再戦も!県大会出場40チームをかけた埼玉県地区予選の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1234回 2021年世代を代表するスラッガー・吉野創士(昌平)。高校通算26本塁打を呼び込んだ「股関節の使い方」 【2020年インタビュー】
第1234回 強力昌平打線を俊足強打で牽引する千田泰智(昌平)50メートル6.1秒を活かす事前準備と打撃技術 【2020年インタビュー】
第1234回 中学通算1本塁打だった吉野哲平(昌平)が高校通算28本塁打を積み重ねるまで 【2020年インタビュー】
第1234回 高校通算47本塁打の渡邉翔大(昌平)は確かな打撃理論を持ったスラッガーだ 【2020年インタビュー】
第1032回 自慢の打線を封じられた悔しい秋を乗り越え、昌平は埼玉の新時代を切り開く【後編】【野球部訪問】
第1029回 タレントを活かす組織的な野球を実践する埼玉の新鋭・昌平の確かなチーム作り【前編】【野球部訪問】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1090回 高校1年秋の時点で通算21本塁打。大型外野手・吉野創士(昌平)の完成形は鈴木誠也だ 【2019年インタビュー】
正智深谷 【高校別データ】
昌平 【高校別データ】
令和2年度 秋季埼玉県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

昌平頑張れな 2020.09.21
絶対に負けられん
頑張れ昌平

秋は優勝して関東大会だ

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る