花咲徳栄が初回で試合の大勢を決め初戦突破



花咲徳栄・高安悠斗
【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 県営大宮球場の第二試合は第2シードの花咲徳栄が登場した。初戦の相手は埼玉の機動破壊チームである。としては競っている状況で走者を出すと色々と策はあるのだが、まずは高安 悠斗(2年)、松田 和真(2年)、堀越 啓太(2年)と140km右腕3枚を擁する花咲徳栄投手陣から塁を賑わすことができるかがこの試合の鍵である。

 先発は花咲徳栄が背番号10のMAX143km右腕・高安、一方の蕨はシュート系のボールが武器の右サイドの田上大晟(2年)が登板し試合が始まる。

 花咲徳栄が初回から猛攻を仕掛ける。

 ・田上の立ち上がりを攻め立て、この回先頭の鹿野 亮太(2年)が死球で出塁すると、続く徳永 樹(2年)がきっちりと送り一死二塁とする。ここで3番・浜岡 陸(2年)がレフト前へタイムリーを放ちまず1点、さらにレフトがもたつく間に一気に二塁へと進む。

 すると、蕨ベンチは早くも田上を諦め、エースの伊藤平真(2年)をマウンドへ送る。

 花咲徳栄は蕨・伊藤に対しても攻撃の手を緩めず、4番・冨田 隼吾(2年)がレフトへポトリと落ちるタイムリーを放ち2点目を奪うと、さらに相手のパスボールの間に一走・冨田は二進する。さらに続く飛川 征陽(2年)もセンター前タイムリーを放ち3対0とすると、6番・西銘港(2年)がレフトスタンドへ2ラン本塁打を放つ。

 続く秋山 貫太(2年)が死球で再度チャンスメイクすると、8番・高安の内野ゴロの間に一走・秋山は二進する。続く味谷 大誠(2年)が一塁線を破る二塁打を放ち花咲徳栄が初回から一挙6点を奪うビックイニングを作り早くも試合の大勢は決した。

 花咲徳栄打線は2回以降やや攻撃が噛み合わず無得点で進むが、6回表一死から冨田が死球で出塁すると、続く飛川のセンター前へポトリと落ちるヒットを放ち一走・冨田は三塁へと進む。一死一、三塁から、6番・西銘のピッチャーゴロの間に1点を追加しコールドペースとなると、さらに続く秋山もセンター前へタイムリーを放ち8対0とし試合を決めた。