川越工業、今年のエースはサブマリン



川越工・鈴木
【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 所沢航空公園球場の第一試合は、今夏旧チームは初戦敗退とはいえ聖望学園と1点差での敗戦であった埼玉平成対旧チームに昨夏ベスト8のメンバーが多く残り好左腕・真家を擁しながらも狭山清陵に同じく初戦敗退を喫した川越工との一戦だ。旧チームは共に力のある選手が多かったが新チームはどうか。

 まずはスターティングメンバーだが川越工は4番・長井 翔を含め1年生が3人2番・4番・6番に入る。一方の埼玉平成も1年生が4人2番・6番・7番・8番に入る布陣だ。この理由に関しては後で述べるとして、川越工は前述のとおり昨秋を経験しているメンバーは少なく、小栗蓮樹(2年)が1番、スタメンで出場していた新井優我(2年)は3番に入る。対する埼玉平成も昨秋のメンバーは鹿谷和生(2年)のみで鹿谷は3番に入る。

 先発は埼玉平成・鹿谷、川越工はアンダースローの鈴木翔馬(2年)と両エースが先発し試合が始まる。

 埼玉平成・鹿谷はオーソドックスな右腕で、目測でMAX130km前半ほどだがストレートに球威はある。ただし、そこまでストレートに拘るタイプではなく変化球の割合も多い投手だ。一方の鈴木はアンダーハンドから繰り出すストレートは威力こそないが制球が良い。新チームからエースになったとは思えないほどの落ち着きを感じ、のらりくらりと打たせて取るタイプの投手だ。

 試合はその両投手が互いに持ち味を発揮し投手戦となる。