花咲徳栄、後半から本領発揮!県内トップレベルの投手力で2試合連続完封で県大会進出!



久喜北陽先発の新井優斗
【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 初戦、5回コールド勝ちを決めた花咲徳栄。代表決定戦は久喜北陽と対戦したが、苦しい試合展開を強いられる。

 久喜北陽の先発・新井 優斗は110キロにも満たない直球とカーブ、スライダーを駆使。遅い球に対し、花咲徳栄の各打者は合わせるだけの打撃になってしまい、5回まで無得点。ただ岩井監督は苦しむことはある程度予想していたという。「ボールは遅いのですが、微妙に動きますし、打ちにくい。四球を簡単に出す投手ではないので、点を取りにくい投手です。高校野球で大量失点のケースは四球から始まるので、それがない投手なので、苦しみました」

 そして6回表、ついに新井をつかまえる。一死一塁から4番富田隼吾(2年)の痛烈な二塁打で一死二、三塁のチャンスから5番飛川 征陽がレフト線への2点適時打を放ち、2点を先制。7番秋山 貫太のライトへポテンヒットで泥臭く3点目を入れた。

 投げては高安 悠斗(2年)が好投。ゆったりとテークバックをとって打者寄りでリリースする投球フォーム。打者よりで離すことができるフォームで、直球は常時130キロ~136キロ程度だが、球速表示以上を感じさせる。ボールの回転も綺麗だが、マッスラ気味だったストレートを修正するために、2か月前に少し腕を下げたという。

 さらに120キロ前後のスライダーで次々と空振りを奪うことができる。140キロを出せるポテンシャルはあるので、135キロ程度でも与力を感じる。内外角の投げ分けがしっかりできる投手で、投球にも意図が感じられる。7回まで無失点の投球。東京城南ボーイズ出身の高安は自粛期間、同じ城南ボーイズ出身で、来年のドラフト候補にも挙がる速球派左腕・金井 慎之介横浜)と一緒に自主トレをしてきた仲で、「刺激になりましたし、彼と一緒にやることでいろいろ学ぶことがありました」と振り返る。

目標は関東大会出場。そして甲子園のような大舞台で投げ合うことだ。