2020年09月10日 埼玉県営大宮公園野球場

浦和学院vs埼玉栄

2020年秋の大会 埼玉県地区予選 南部地区 代表決定戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

スカウト部長・河嶋宗一の目が光る!全国逸材発掘レポート

浦和学院が投打で圧倒。今年も1,2年生にタレント揃いで埼玉栄に5回コールド勝ち



攻撃の突破口を切り開いた吉田匠吾(浦和学院)
【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 浦和学院埼玉栄という南部地区を代表する強豪校同士の対決がいきなり実現。浦和学院が13対0の5回コールドで圧倒した。

 試合は思わぬ試合展開となった。

 その口火を切ったのが、1番・吉田 匠吾(2年)だった。まず四球で出塁すると、2番・松田 大成(2年)の右翼線安打と相手の敵失で一気に一塁から本塁に生還する好走塁を見せ、1点を先制した。吉田匠は「三塁コーチャーと確認しながら行けるという判断となったので、本塁を狙っていきました」と、相手の緩慢な動作から本塁に帰るだけの脚力があるだけでも素晴らしい。吉田匠は走塁だけではなく、ヘッドスピードの速いスイングやスピーディで強肩を誇る守備も魅力的。県内でもトップクラスの遊撃手といえるだろう。

 2回裏には7番・河原 杜吾の本塁打で2点目を入れる。スイングスピードともに素晴らしく、7番打者の打撃ではない。河原は都筑中央ボーイズ時代から注目されてきた右のスラッガーで、浦和学院の2年間でしっかりと揉まれて成長を見せてきた。

 3回裏には吉田匠とともに下級生から試合出場しつづけてきた正捕手・吉田 瑞樹(2年)が初球を振り抜き、レフト上段へ飛び込む3ラン本塁打。この3ランで勢いづき、打者16人の攻めで、11得点を奪い、13対0と大差をつけた。

【次のページ】 浦和学院vs埼玉栄(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏は狭山ヶ丘、秋は昌平とともに初優勝だった埼玉は新時代へ突入! 【ニュース - 高校野球関連】
浦和学院、横浜、明石商など26日に敗退し、選抜が厳しい立場となった有力校たち 【ニュース - 高校野球関連】
川越東vs浦和学院【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs上尾【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
第1017回 全国クラスの実力を持った浦和学院、花咲徳栄を筆頭に今年は激戦!各ブロックを徹底分析!【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs久喜北陽【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
第263回 右サイドの豪腕・美又王寿(浦和学院)が次のステージで活躍するための課題は?【ドラフト特集コラム】
第1017回 浦和学院と埼玉栄が同ブロック!また夏の再戦も!県大会出場40チームをかけた埼玉県地区予選の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
埼玉栄vs大宮【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
川口vs朝霞西【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 森木大智だけじゃない!2003年世代は145キロ右腕、140キロ左腕など好投手が数多く点在【後編】【ドラフト特集コラム】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第999回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第958回 挫折を乗り越えて優勝の景色をもう一度味わう 藤田捺己(埼玉栄女子野球部) 【2019年インタビュー】
第957回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
第955回 活躍するために持つべき3つの視点とは 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)vol.2 【2019年インタビュー】
浦和学院 【高校別データ】
埼玉栄 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る