2020年09月08日 川口市営球場

南稜vs川口青陵

2020年秋の大会 埼玉県地区予選 南部地区予選1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

エース・名坂祐人が8回13K!南稜が終盤に勝負を決め代表決定戦へ



8回2失点13奪三振の名坂祐人(2年・南稜)
【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 8日、川口市民球場の第二試合で行われた南部地区予選1回戦・南稜川口青陵の試合は南稜が15対2で勝利し代表決定戦に駒を進めた。

 南稜は初回、3番松木、5番・岩崎の適時打などで3点を先制。その裏、南稜先発の名坂 祐人は3本のヒットを浴び、2失点と川口青陵打線に反撃を受ける。

 しかし、2回は下位打線を三者三振に打ち取り、2回で早くも5つの三振を奪う。

 ここからは両チーム得点を奪うことができず膠着状態に入る。この中盤の試合展開について南稜の鈴木 優也監督は「とにかく我慢。自分たちから崩れないように」と選手たちに声をかけた。

 守備ではビックプレーはないものの、打ち取った当たりは堅実にアウトを奪い、やや制球に苦しんでいた中盤のエース名坂を盛り立てる。

 グランド整備を終えた6回表、南稜打線は息を吹き返した。先頭の松木が出塁すると、6番・黒柳の右越適時三塁打などで3得点。大きな追加点が入った。嫌な雰囲気を一蹴した黒柳の一打に、鈴木監督は「なかなか最後の一本が出なかった中でよく打ってくれた」とを労いの言葉を送った。

 ここからさらに、名坂の投球に磨きがかかる。横に大きく変化するスライダーを軸に相手に思うようなスイングをさせず、8回までに奪った三振は13個。回を追うごとにスライダーの精度は上がっていった。

 そして最終回にも打線が繋がり、ダメ押しとなる7安打8得点の猛攻で13対2で初戦突破を決めた。

 8回2失点13奪三振と好投した名坂だったが、「序盤の入りや制球難が課題。バックに助けられた」と気を引き締め直し、11日の川口工戦に向け前を向いた。

(記事=編集部)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
浦和実vs南稜【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
和田康士朗は小川高唯一のOB! その他に埼玉県でNPBプレーヤーをひとりだけ輩出している学校は? 【ニュース - 高校野球関連】
西部地区の強豪対決は川越東が圧勝!2回戦2試合を徹底レポート!【秋季埼玉県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
川口青陵vs西武文理【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
市立川越vs南稜【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
第805回 2強時代の到来か?秋季和歌山大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
北本vs南稜【埼玉県 2017年夏の大会 第99回選手権埼玉大会】
南稜vs栄東【埼玉県 2017年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
第3回 埼玉県立蕨高等学校(埼玉)【僕らの熱い夏2016】
第298回 【春季埼玉県大会】初戦から好カード続出!今大会おススメのカードとは?【大会展望・総括コラム】
第162回 【第97回埼玉大会展望】1回戦ではもったいない好カード満載!8ブロックの見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第105回 2015年の高校野球を占う【埼玉編】「浦和学院が一歩リードも、今年も混戦模様!」【大会展望・総括コラム】
川口青陵 【高校別データ】
南稜 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る