新生・昌平、今年のチームカラーは粘り



鷲宮・横田琉之介
【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 今夏東部地区決勝の再戦が早くも地区の初戦で実現した。

 今夏東部地区大会を優勝しその勢いで浦和学院を破るなど県大会準優勝校である昌平花咲徳栄を破るなど東部地区の決勝へ進出した鷲宮との一戦が早くも実現した。あくまで旧チームの話となるが、この両校は僅か3週間前に今夏東部地区大会決勝で激突し、その時は5対1で昌平が勝利している。地区大会屈指の好カードは予想に違わぬ展開となった。

 鷲宮は今夏もスタメンで出場していた渡邉空(2年)と間中俊(2年)が2、3番に入り、さらに、昨秋を経験している二遊間蓮見直也(2年)と関根亨(2年)が1番、5番に入るなど経験のある選手が上位打線に並ぶ布陣だ。一方の昌平にもプロ注目の吉野 創士(2年)が残っている。

 打順は「初回に打席にということもありますが、少しでも打順を多く回したい」と言う昌平・黒坂監督の意向もあり夏と同じく3番、他にも昨夏を経験している寺山 太陽(2年)が1番、昨秋を経験している川田 悠貴(2年)が2番に入る布陣だ。先発は鷲宮が今夏の登板経験もあるエース横田琉之介(2年)、一方の昌平は1年生右腕・川島 新大が登板し試合が始まる。

 「神様がもう一回戦って今度は頑張って勝てって言っているから夏のリベンジをしに行こう!」(鷲宮・高柳監督)と試合前に発破をかけられた鷲宮打線が初回から爆発する。

 鷲宮昌平・川島の立ち上がりを攻め、先頭の蓮見がセンター前ヒットを放ち出塁すると、一死後、3番・間中が右中間へタイムリー二塁打を放ち1点を先制する。さらに続く岩崎星哉(2年)が四球を選び一死一、二塁とチャンスを広げると、5番・関根亨が右中間へタイムリー二塁打を放ち2点目を奪うと、続く川上晃太郎(1年)のピッチャーゴロの間にもう1点を追加し3点を先制する。

 対する昌平もその裏すぐに反撃を開始する。鷲宮・横田の立ち上がりを攻め、先頭の寺山がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く川田がきっちりと送り一死二塁とする。さらに3番・吉野が四球を選び一死一、二塁とチャンスを広げると、二死後5番・福地 基(2年)も四球を選び二死満塁とするが後続が倒れ無得点に終わる。

 昌平は2回裏にも、この回先頭の山村 羅偉(2年)がセカンドゴロを放つとこれが相手の悪送球を呼び二塁へ進むと、続く小林 飛雄馬(1年)がきっちりと送り一死三塁とする。さらに9番・川島も死球を選び一死一、三塁とチャンスを広げるが、続く寺山の所で仕掛けたセーフティースクイズは失敗に終わると後続も倒れまたしても得点を奪えない。