2020年09月06日 越谷市民球場

昌平vs鷲宮

2020年秋の大会 埼玉県地区予選 東部地区予選1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

新生・昌平、今年のチームカラーは粘り



鷲宮・横田琉之介
【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 今夏東部地区決勝の再戦が早くも地区の初戦で実現した。

 今夏東部地区大会を優勝しその勢いで浦和学院を破るなど県大会準優勝校である昌平花咲徳栄を破るなど東部地区の決勝へ進出した鷲宮との一戦が早くも実現した。あくまで旧チームの話となるが、この両校は僅か3週間前に今夏東部地区大会決勝で激突し、その時は5対1で昌平が勝利している。地区大会屈指の好カードは予想に違わぬ展開となった。

 鷲宮は今夏もスタメンで出場していた渡邉空(2年)と間中俊(2年)が2、3番に入り、さらに、昨秋を経験している二遊間蓮見直也(2年)と関根亨(2年)が1番、5番に入るなど経験のある選手が上位打線に並ぶ布陣だ。一方の昌平にもプロ注目の吉野 創士(2年)が残っている。

 打順は「初回に打席にということもありますが、少しでも打順を多く回したい」と言う昌平・黒坂監督の意向もあり夏と同じく3番、他にも昨夏を経験している寺山太陽(2年)が1番、昨秋を経験している川田悠貴(2年)が2番に入る布陣だ。先発は鷲宮が今夏の登板経験もあるエース横田琉之介(2年)、一方の昌平は1年生右腕・川島新大が登板し試合が始まる。

 「神様がもう一回戦って今度は頑張って勝てって言っているから夏のリベンジをしに行こう!」(鷲宮・高柳監督)と試合前に発破をかけられた鷲宮打線が初回から爆発する。

 鷲宮昌平・川島の立ち上がりを攻め、先頭の蓮見がセンター前ヒットを放ち出塁すると、一死後、3番・間中が右中間へタイムリー二塁打を放ち1点を先制する。さらに続く岩崎星哉(2年)が四球を選び一死一、二塁とチャンスを広げると、5番・関根亨が右中間へタイムリー二塁打を放ち2点目を奪うと、続く川上晃太郎(1年)のピッチャーゴロの間にもう1点を追加し3点を先制する。

 対する昌平もその裏すぐに反撃を開始する。鷲宮・横田の立ち上がりを攻め、先頭の寺山がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く川田がきっちりと送り一死二塁とする。さらに3番・吉野が四球を選び一死一、二塁とチャンスを広げると、二死後5番・福地 基(2年)も四球を選び二死満塁とするが後続が倒れ無得点に終わる。

 昌平は2回裏にも、この回先頭の山村羅偉(2年)がセカンドゴロを放つとこれが相手の悪送球を呼び二塁へ進むと、続く小林飛雄馬(1年)がきっちりと送り一死三塁とする。さらに9番・川島も死球を選び一死一、三塁とチャンスを広げるが、続く寺山の所で仕掛けたセーフティースクイズは失敗に終わると後続も倒れまたしても得点を奪えない。

【次のページ】 昌平vs鷲宮(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
昌平、浦和実はコールド勝ちで3回戦へ!市立川越らも勝利した2回戦6試合をレポート【秋季埼玉県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
昌平vs正智深谷【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
プロ注目の大型外野手・吉野創士(昌平)が高校通算34本塁打含む3打数3安打4打点の活躍でベスト16! 【ニュース - 高校野球関連】
第1017回 浦和学院と埼玉栄が同ブロック!また夏の再戦も!県大会出場40チームをかけた埼玉県地区予選の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1234回 2021年世代を代表するスラッガー・吉野創士(昌平)。高校通算26本塁打を呼び込んだ「股関節の使い方」 【2020年インタビュー】
狭山ヶ丘vs昌平【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
第1234回 強力昌平打線を俊足強打で牽引する千田泰智(昌平)50メートル6.1秒を活かす事前準備と打撃技術 【2020年インタビュー】
第1234回 中学通算1本塁打だった吉野哲平(昌平)が高校通算28本塁打を積み重ねるまで 【2020年インタビュー】
昌平vs浦和学院【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
第1234回 高校通算47本塁打の渡邉翔大(昌平)は確かな打撃理論を持ったスラッガーだ 【2020年インタビュー】
第1032回 自慢の打線を封じられた悔しい秋を乗り越え、昌平は埼玉の新時代を切り開く【後編】【野球部訪問】
第1029回 タレントを活かす組織的な野球を実践する埼玉の新鋭・昌平の確かなチーム作り【前編】【野球部訪問】
昌平vs鷲宮【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
昌平vs白岡【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1090回 高校1年秋の時点で通算21本塁打。大型外野手・吉野創士(昌平)の完成形は鈴木誠也だ 【2019年インタビュー】
昌平 【高校別データ】
鷲宮 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る