2020年09月05日 川口市営球場

川口vs朝霞西

2020年秋の大会 埼玉県地区予選 南部地区予選1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

エース左腕の市田葵がノーヒットノーラン!川口が快勝で初戦を突破



得点を挙げる川口

 「自分のやること、丁寧に投げることを意識して、その中で守備にも助けられたことがノーヒットノーランに繋がったと思います。守備のおかげです」

 秋季埼玉県高等学校野球大会の南部地区予選1回戦、川口朝霞西の試合は、先発・市田葵のノーヒットノーランの好投もあり、川口が11対0の快勝で代表決定戦に駒を進めた。

 川口は左腕の市田、朝霞西は秋元宥邪の先発で始まったこの試合は、序盤から川口が機動力を絡めた攻撃で流れを掴む。
 3回表、川口は一死三塁のチャンスを作ると、9番・兎澤謙吾の内野ゴロの間に三塁ランナーが生還。ランナーはゴロが転がると同時にスタートを切る、「ゴロGO」を見事に決めて、チームに流れを手繰り寄せた。

 「ウチは長距離砲の選手はいないので、繋いでいくのがスタイルです。いい攻撃ができました」(川口・鈴木将史監督)

 投げては先発の市田が、緩急を使った投球で朝霞西打線を幻惑する。
 ストレートに驚くような球威こそないが、沈む緩いボールを低めに丁寧に集め凡打の山を築いていく市田。

 川口の鈴木監督も「非常にコントロール良く、テンポよく投げていくのが彼の持ち味。普段通りのピッチングできていた」と口にする丁寧な投球で、気づけば得点どころか安打も0の投球を見せる。
 無安打投球については、7回の給水時にチームメイトに教えてもらったことを明かすが、「特に意識はしなかった」と落ち着いた投球を続けた。

【次のページ】 川口vs朝霞西(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
細田学園vs大宮東【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
大宮東vs川口市立【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
大宮東vs川口【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
川口市立vs川越工【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
大宮東vs熊谷商【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院が埼玉栄に13得点!5回コールド勝ちで県大会へ! 【ニュース - 高校野球関連】
埼玉栄の主将で4番・エースの塚本壮施が活躍!南部地区予選の2試合の模様をレポート 【ニュース - 高校野球関連】
第1017回 浦和学院と埼玉栄が同ブロック!また夏の再戦も!県大会出場40チームをかけた埼玉県地区予選の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第4回 山陰をリードしてきた伝統校である鳥取西と米子東が高校野球史を語る上で欠かせない理由【公立校特集】
第61回 星稜の夏の対戦校には、必ず名選手、良きライバルがいた!【101回大会特集】
第939回 今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第958回 挫折を乗り越えて優勝の景色をもう一度味わう 藤田捺己(埼玉栄女子野球部) 【2019年インタビュー】
第954回 全国制覇の奪還を目指す「生粋の野球少女」 石垣麻弥乃(埼玉栄) 【2019年インタビュー】
第824回 自分の打撃スタイルを確立したい!埼玉屈指のスラッガー・和田康平(埼玉栄)が掲げた誓い 【2018年インタビュー】
第788回 「野球に対する考えが180度変わった」米倉貫太(埼玉栄)が歩んだ「確かな3年間」 【2018年インタビュー】
第4回 第96回選手権埼玉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
朝霞西 【高校別データ】
川口 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る