2020年08月23日 メットライフドーム

狭山ヶ丘vs昌平

2020年夏季埼玉県高等学校野球大会 決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

狭山ヶ丘が初優勝!今後埼玉の勢力図を変えることはできるか?

 どちらが勝っても初優勝、メットライフドームで行われる決勝は前日浦和学院との激闘を制した昌平対勢いに乗る狭山ヶ丘というカードとなった。全国的に見ても神奈川と共に一番遅い代替大会の決勝となるが、有終の美を飾るのはどちらか。

 注目の先発だが狭山ヶ丘はエース清水 竣介(3年)が連投、一方の昌平はエース宮坂陸希(3年)ではなく右スリークウォーターの鈴木 駿介(3年)が登板し試合が始まる。試合は意外な展開となる。

 昌平のスタイルといえば初回から先頭の千田 泰智(3年)が出塁してかき回し、どこでも一発が出る2~6番が長打で走者を返すというのがパターンだ。だが、この日は中学時代武蔵狭山ボーイズの同級生であった狭山ヶ丘・清水を千田が意識し過ぎたのか第一打席は三球三振に終わり今大会初めて初回先頭打者でヒットを打てなかった。それでも、続く角田蓮(3年)がレフトフェンス直撃の二塁打を放ちチャンスメイクするが、3,4番が連続三振に倒れアウトは全て三振で奪われ昌平はいつもと違う形で試合に入った。

 するとその裏、今度は昌平の守備が乱れる。

 狭山ヶ丘は1回裏、昌平・鈴木の立ち上がりを攻め、一死から2番・川俣勇気(3年)が左中間へヒットを放つと、人工芝のピッチで打球が跳ねセンター千田は頭を越され二塁打となる。ここで続く正高が右中間へタイムリーを放つと、またしても千田が目測を誤り、さらにカバーに入った吉野 創士(2年)もファンブルする間に正高奏太(3年)は二塁へ進む。4番・清水が四球を選び一死一、二塁とチャンスを広げるが、続く和田啓佑(3年)はセカンドゴロに倒れる。セカンドは一走・清水にタッチをしに行き併殺を狙うがタッチできずファーストだけアウトにしたのだが、三塁コーチャーに見えていなかったのかチェンジと勘違いし、二走・正高が三塁を大きくオーバーランした所で挟まれてしまう。結局狭山ヶ丘は1点でこの回の攻撃を終える。

 一方の昌平は2回表にもこの回先頭の吉野 哲平(3年)がレフト前ヒットを放つと、今度は狭山ヶ丘のレフト金子がその打球に頭を越され二塁打となる。続く沼生隆汰(3年)がきっちりと送り一死三塁するが後続が倒れまたしても無得点に終わる。

 するとその裏狭山ヶ丘は一死から7番・阿部隆之介(3年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く小山秀斗(2年)もレフト前ヒットを放ち一死一、二塁とする。二死後、1番・金子侑渡(3年)が左中間へ2点タイムリー三塁打を放つと、なぜかピッチャーがホームのカバーに入っておらず、本塁への返球をバッテリーがお見合いをしてしまい後逸する。その間に打者走者・金子が一気に本塁を狙う。タイミングは微妙であったが本塁はアウトになり狭山ヶ丘は2点でこの回の攻撃を終える。

 決勝の硬さからかミスを連発し早くも3点差をつけられた昌平は、3回表一死から1番・千田がファースト前へ絶妙のセーフティ―バントを決め出塁する。一走・千田は盗塁に失敗し二死となるが、続く角田が四球を選び出塁すると、3番・吉野創が左中間へ二塁打を放つ。さらにレフトがファンブルする間に一走・角田が長躯ホームインし1点を返す。

【次のページ】 狭山ヶ丘vs昌平(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
昌平、浦和実はコールド勝ちで3回戦へ!市立川越らも勝利した2回戦6試合をレポート【秋季埼玉県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
昌平vs正智深谷【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
プロ注目の大型外野手・吉野創士(昌平)が高校通算34本塁打含む3打数3安打4打点の活躍でベスト16! 【ニュース - 高校野球関連】
山村国際vs川越総合【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
県立川越vs狭山ヶ丘【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
昌平vs鷲宮【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
第1017回 浦和学院と埼玉栄が同ブロック!また夏の再戦も!県大会出場40チームをかけた埼玉県地区予選の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1234回 2021年世代を代表するスラッガー・吉野創士(昌平)。高校通算26本塁打を呼び込んだ「股関節の使い方」 【2020年インタビュー】
第1234回 強力昌平打線を俊足強打で牽引する千田泰智(昌平)50メートル6.1秒を活かす事前準備と打撃技術 【2020年インタビュー】
第1234回 中学通算1本塁打だった吉野哲平(昌平)が高校通算28本塁打を積み重ねるまで 【2020年インタビュー】
狭山ヶ丘vs正智深谷【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
第1234回 高校通算47本塁打の渡邉翔大(昌平)は確かな打撃理論を持ったスラッガーだ 【2020年インタビュー】
第1032回 自慢の打線を封じられた悔しい秋を乗り越え、昌平は埼玉の新時代を切り開く【後編】【野球部訪問】
第1029回 タレントを活かす組織的な野球を実践する埼玉の新鋭・昌平の確かなチーム作り【前編】【野球部訪問】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1090回 高校1年秋の時点で通算21本塁打。大型外野手・吉野創士(昌平)の完成形は鈴木誠也だ 【2019年インタビュー】
狭山ヶ丘 【高校別データ】
昌平 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る