浦和学院、浦和実業・豆田へのリベンジ達成

 浦和学院の前に2年連続で立ちはだかるのはプロ注目・浦和実豆田 泰志だ。県営大宮球場で行われた南部地区の雌雄を決する一戦は1点を争う好ゲームとなった。

 浦和学院美又 王寿(3年)、浦和実豆田 泰志(3年)のプロ注目の両エースが登板したこの試合、浦和実はいきなり大きなチャンスを掴む。

 初回、浦和実浦和学院・美又の立ち上がりを攻め、先頭の山田虎太郎(3年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く松村裕大(3年)がきっちりと送り一死二塁とする。さらにここで、3番・吉田浩隆(3年)、4番・熊谷宇哲(2年)が連続四球を選び一死満塁とチャンスを広げると、浦和実ベンチは続くこの日スタメンの板垣孝太(3年)の所でスクイズの指示を出す。だがこれが空振りで失敗に終わると、その後板垣自身も三振に倒れ結局この回無得点に終わる。

 これが後々まで大きく響くこととなる。

 一方の浦和実・豆田は初回まずまずの立ち上がりを見せていたが、2回裏・浦和学院打線に早くも捉えられる。浦和学院はこの回先頭のオコーリ・ジャスティン・健(3年)がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く齋藤知哉(3年)の犠打がファーストの拙い守備もあり内野安打となり無死一、二塁となる。
 一死後8番・美又のボテボテのピッチャーゴロの間にそれぞれ進塁し、二死二、三塁とすると、続く樋口結希斗(3年)がセンター前へ先制タイムリーを放つ。だが、二走・齊藤はこの打球で三塁自重し後続も倒れ1点でこの回の攻撃を終える。

 浦和学院・美又だが2回以降も毎回走者を背負い3イニングで4四球を与えるなどピリッとしない。走塁面や美又の出来もあったか思わず3回裏攻撃中に浦和学院・森監督はベンチ内で選手を集め一喝する。

 すると、効果覿面。4回表は浦和学院・美又が目を覚まし、この回3つのアウトを全て三振に取るなど徐々にエンジンがかかり始める。

 迎えた5回裏、浦和学院は先頭の里飛鳥(3年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く池田龍心(3年)に対し浦和学院ベンチは一旦強攻の指示を出すが追い込まれると一転スリーバントで送り一死二塁とする。ここで3番・小櫻耕介(3年)の打球はファーストの手前でイレギュラーしライト前タイムリーとなる。貴重な追加点が浦和学院に入る。