2020年08月15日 浦和市営球場

浦和学院vs大宮北

2020年夏季埼玉県高等学校野球大会 南部地区4回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

浦和学院が大宮北を一蹴し地区ベスト4進出

 南部地区もベスト8の高校が揃い、いよいよ佳境を迎える。この日の浦和市営球場の第一試合には優勝候補の一角浦和学院が登場した。相手は前評判の高かった武南を1-0で下すなど勢いに乗る大宮北である。

 浦和学院は本来今年のチームは三奈木亜星(2年)、吉田 瑞樹(2年)、吉田 匠吾(2年)など下級生に好素材が揃うチームである。だが、今大会はユニフォームを旧ユニフォームに戻し、全員3年生で臨む。

 先発は大宮北が丹治力也(3年)、一方の浦和学院は廣咲悠雅と両左腕エースが登板し試合が始まる。

 試合は一つのエラーをきっかけとし序盤から強打の浦和学院打線が大宮北・丹治に襲い掛かる。

 2回表、この回先頭の金丸斗南はショートゴロに倒れるが、ショートのエラーで出塁する。ここからであった。続くオコーリジャスティン健が右中間へタイムリー二塁打を放ちまず1点、さらに6番・齊藤知哉がセンター前タイムリーを放ち追加点を挙げると、さらに続く石崎聖也の所で浦学ベンチはエンドランを仕掛ける。これが相手の野選を呼び無死一、二塁とする。8番・廣咲の犠打は失敗に終わるが、続く樋口結希斗はレフトフェンス直撃の2点タイムリー3塁打を放つと1番・里飛鳥もレフト前タイムリーを放つなどこの回一挙5点を奪うビックイニングを作る。

 これで完全に流れを掴んだ浦和学院は、この回からマウンドに上がった2番手・右サイドの達富開(3年)に対しても攻撃の手を緩めず、この回先頭の小櫻耕介の左中間への三塁打を足がかりとし、一死一、三塁から6番・齊藤のスクイズで6対0とすると、4回表にはこの回先頭の廣咲がレフト前ヒット放ち出塁すると、続く樋口の内野ゴロの間に二進する。1番・里は四球を選び一死一、二塁とすると、二死後3番・小櫻がレフト線への2点タイムリー二塁打を放ち8点差をつける。

 さらに、6回表には3番手・川野倖祐(3年)に対しこの回先頭の樋口が四球で出塁すると、続く里の所で浦和学院ベンチはエンドランを仕掛ける。里は期待に応え、センター越えの二塁打を放ち無死二、三塁とすると、2番・池田龍心が右中間へ2点タイムリー三塁打を放ちコールドペースへ持ち込む。浦和学院はなおも4番手・長澤魁渡(2年)に対し小櫻がセンター前タイムリーを放つと、二死後代わった5番手・飯田祐介(3年)から地中出場の眞銅和馬が左中間へ2点タイムリー二塁打を放ち勝敗は決した。

 投げては、先発・廣咲が大宮北打線に対し危なげなく3回無失点で切り抜けると、その後の3投手も危なげなく相手打線を封じる。結局浦和学院が13対0で大宮北を退け南部地区大会準決勝へ駒を進めた。

 まずは大宮北だが、この日は良い所なく完敗であったが、2回戦で昨夏のスタメンがほぼ全員残るなど前評判の高かった武南に1対0で勝利するなどこれまでの戦いは見事であった。初回こそこれまでの勢いそのままに三者凡退で切り抜けたが、強豪校を相手にすると一つのエラーが命取りとなる。それを痛感したのではなかろうか。

 一方の浦和学院は今大会3年生のみで戦っており、昨夏の主力であった里以外飛び抜けた選手はおらずベストメンバーとは言えないが、それでも盤石の試合運びを見せるあたりはさすがだ。3年生同士のまとまりもあり、とにかく選手層の厚さを感じる。次の相手は浦和麗明だが、昨夏の新人戦でも大勝しており今の状態であれば地区の決勝進出は堅いであろう。

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【選手名鑑】シニア日本代表や31本塁打スラッガーなど気になる10人の右打者たちを紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
「まだこんなものではない...」 評価を一変させたい新成人を迎えた3投手たち 【ニュース - 高校野球関連】
第1028回 2020年の埼玉は初優勝チームが2校!伝統校、新鋭校がひしめきあう激戦区に!【大会展望・総括コラム】
横浜隼人vs東京実vs滑川総合【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
常総学院vs浦和学院【2020年 練習試合(交流試合)・秋】
川越東vs浦和学院【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
浦和学院vs上尾【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県大会】
第1017回 全国クラスの実力を持った浦和学院、花咲徳栄を筆頭に今年は激戦!各ブロックを徹底分析!【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs久喜北陽【埼玉県 2020年秋の大会 埼玉県地区予選】
第263回 右サイドの豪腕・美又王寿(浦和学院)が次のステージで活躍するための課題は?【ドラフト特集コラム】
第1017回 浦和学院と埼玉栄が同ブロック!また夏の再戦も!県大会出場40チームをかけた埼玉県地区予選の見所を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第999回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第957回 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏が読売ジャイアンツ時代に実践し続けた「一流の習慣」vol.3 【2019年インタビュー】
第955回 活躍するために持つべき3つの視点とは 前U-15侍ジャパン監督・清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)vol.2 【2019年インタビュー】
第952回 前U-15侍ジャパン監督 清水隆行氏(元読売ジャイアンツ)インタビュー 「怖さ」は「強さ」になる vol.1 【2019年インタビュー】
浦和学院 【高校別データ】
大宮北 【高校別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る