2019年09月27日 県営大宮球場

西武台vs昌平

2019年秋の大会 埼玉県大会 準々決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

今大会台風の目・西武台がAシード・昌平も破り準決勝進出!



増田優真(西武台)

 西武台の勢いは本物であった。

 県営大宮球場の第二試合は、Aシード・昌平と、西武台との一戦である。

 昌平は今夏ベスト8のメンバー、特に鉄板である1~5番千田 泰智(2年)、角田蓮(2年)、吉野 創士(1年)、渡邉 翔大(2年)、吉野 哲平(2年)と不動の上位打線がそのまま残っているポテンシャル、経験値共に高いチームだ。新人戦も東部地区決勝で春日部共栄を15対3で破り優勝するなど、新チームも良いスタートを切っていた。一方の西武台は、前の試合をコールドで物にするなど、今大会全試合で二けた安打を放つなど、勢いに乗っている。

 まずスタメンだが、昌平は前の上尾戦とほぼ同じメンバーだが、沼生隆汰(2年)が新人戦同様に6番に上がり、この日7番には川田悠貴(1年)が入る。一方の西武台は前の川越東戦とメンバー・打順共に全く同じである。先発は西武台が左腕の増田優真(2年)、昌平が宮坂陸希(2年)と両エースが登板し試合が始まる。

 序盤から西武台がやや押し気味に試合を進める。

 西武台は初回昌平・宮坂の立ち上がりを攻め、先頭の武井大智(1年)が四球を選び出塁すると、続く小松大空(2年)がきっちりと送り一死二塁とする。3番・深田翔太(1年)も四球を選び一死一、二塁とするが、後続が倒れ無得点に終わる。

 一方の昌平も2回裏二死から6番・沼生が左中間フェンス直撃の二塁打を放ち、打線が持つポテンシャルの高さの一端を見せるが、後続が続かず無得点に終わる。

 2回以降、走者こそ出すが、なかなかチャンスを広げられずにいた西武台打線は、打順も2巡目を迎え昌平・宮坂を捉え始める。

 4回表、この回先頭の深田がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く松木光(2年)の所で西武台ベンチはエンドランを仕掛ける。これはピッチャーゴロに終わるが走者を進め一死二塁とすると、5番・山田隼(2年)がライト前ヒットを放ち一死一、三塁としチャンスを広げる。ここで6番・伊澤走(2年)が右中間へタイムリー二塁打を放ち、昌平・宮坂をマウンドから引きずり降ろす。

 西武台は5回表にも、2番手・左サイドの前田を攻めたて、この回先頭の庄司元汰(2年)がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く武井もピッチャー強襲ヒットを放ち無死一、二塁とする。さらに2番・小松の犠打がサードの悪送球を呼び1点を追加すると、なお無死一、三塁から続く深田もライト前タイムリーを放ち3対0とする。

 一方このままでは終われないAシード・昌平もその裏すぐに反撃を開始する。

【次のページ】 西武台vs昌平(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
2003年世代の野手の筆頭は吉野創士(昌平) 名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場! 【ニュース - コラム】
第253回 2003年世代の野手は吉野創士(昌平)を筆頭に名門校だけではなく、新鋭校にも注目スラッガーが登場!【前編】【ドラフト特集コラム】
第1009回 健大高崎と大接戦演じた西武台(埼玉)!攻守のカギを握るキーマンたちに迫る!【野球部訪問】
第1004回 多彩な野球を見せる西武台(埼玉)の源は「アクティブラーニング」にあり!【後編】【野球部訪問】
第1004回 強豪校続々撃破の関東大会ベスト8の西武台(埼玉)を一変させた打撃改革【前編】【野球部訪問】
第1090回 高校1年秋の時点で通算21本塁打。大型外野手・吉野創士(昌平)の完成形は鈴木誠也だ 【2019年インタビュー】
第1074回 鮮烈デビューから1年。埼玉を代表するスラッガー・渡邉 翔大(昌平)が目指す道【前編】 【2019年インタビュー】
第1075回 ホームランだけではなく、勝利のために局面に応じた打撃を 渡邉 翔大(昌平)【後編】 【2019年インタビュー】
健大高崎vs西武台【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
西武台vs青藍泰斗【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1044回 埼玉ナンバーワン左腕・米山魁乙(昌平)が勝てる投手になるために取り組んだこと 【2019年インタビュー】
花咲徳栄vs西武台【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
西武台vs川口市立【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
西武台vs川越東【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
第1005回 キーワードは「立ち・フリック・タイミング」!米山魁乙(昌平)は切れ味を武器に全国の扉をこじ開ける!【後編】 【2019年インタビュー】
昌平 【高校別データ】
西武台 【高校別データ】
令和元年度 秋季埼玉県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る