2019年09月21日 埼玉県営大宮公園野球場

西武台vs浦和実

2019年秋の大会 埼玉県大会 1回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

豆田泰志擁する浦和実業、初戦敗退!



豆田泰志(浦和実業)

 第二試合は、回転数が多く浮き上がるような直球が武器の本格派右腕・豆田擁する浦和実西武台の一戦である。豆田と言うと今夏4回戦で浦和学院を完封したことは記憶に新しいが、次の市立川越戦、2番手で登板し、ビハインドながらも前の試合の疲労が抜けず途中降板しチームも敗戦した。それ以降、豆田は新人戦や地区予選も含めて、地区の代表決定戦・細田学園戦で17点リードした5回に、試運転のような形での1イニングしか登板していない。あまりに投げないので一部で故障説が流れるなど、その状態に注目が集まった。

 浦和実は新人戦で豆田を温存しながらも、打線が内田、田村擁する埼玉栄投手陣を打ち砕き大勝するなど、新チームの出だしは順調であった。一方の西武台も同じく打線は活発であり、新人戦では経験豊富なエース左腕・増田優真(2年)が浦和学院打線を終盤まで2失点に抑える(最終的には0対5)など、まずまずの仕上がりである。

 まずスタメンだが、西武台はこの日、1番に武井大智(1年)、7番に李應太(2年)を入れるなど地区予選の大宮南戦と比べ打順はもちろん、メンバーもだいぶ変わっている。一方の浦和実は新人戦からの変更点はメンバーこそ変わっていないが、打順が3番・倉持、6番・吉田浩隆(2年)、7番・板垣孝太(2年)と変わっている。

 そして先発は西武台がエースの左腕・増田、一方の浦和実はエース豆田ではなく、新人戦同様に背番号20の金子聖也(2年)が登板し試合が始まる。金子も豆田ほどではないが、高めに伸びる直球が武器の投手であり、埼玉栄打線からも高めで三振を奪っていた。この試合も金子がある程度ゲームを作ると思っていた。だが、この日はその金子が誤算であった。

 試合は初回から動く。

 西武台浦和実・金子の立ち上がりを攻め立て、先頭の武井がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く小松大空(2年)の所で西武台ベンチはエンドランを仕掛ける。これが見事に決まりレフト前ヒットで無死一、二塁とチャンスを広げると、ここで3番・深田翔太(1年)がレフトフェンス直撃の2点タイムリー二塁打を放ち先制する。さらに続く松木光(2年)がライト前ヒットを放ち無死一、三塁とチャンスを広げると、5番・山田隼(2年)もセンター前タイムリーを放つなど、まだ無死ながらあっという間に3点を先制する。

 その後の無死一、二塁のチャンスでも西武台ベンチは強攻をさせるが、後続が倒れ3点でこの回の攻撃を終えるが、この回のバントはゼロ、先頭から一気に5連打を浴びせるなどの猛攻を見せ、早くも浦和実・金子をこの回でマウンドから引きずり降ろすことに成功する。

 一方の浦和実もその裏、西武台・増田の立ち上がりを攻め、一死から2番・松村裕大(2年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、すぐさま二盗を決め一死二塁とする。続く倉持も四球を選び一死一、二塁とチャンスを広げるが、後続が倒れ無得点で終える。

 そして、2回表誰がマウンドに上がるか注目されたが、これ以上失点を許すわけにはいかない浦和実ベンチは早くもマウンドにエース豆田を送る。だが、頼みの豆田もピリッとしない。

 2回表、西武台浦和実・豆田の立ち上がりを攻め、この回先頭の武井がレフト前ヒットを放ち出塁すると、一死後3番・深田が右中間へ二塁打を放ち一死二、三塁とチャンスを広げる。二死後、5番・山田の所でワイルドピッチが生まれるが、投球がダイレクトでキャッチャーの元へ跳ね返って来たため、三走・武井は刺され無得点で終わる。

 するとその裏、またしても浦和実が反撃のチャンスを迎える。

 この回先頭の吉田がライト前ヒットを放ち出塁すると、続く板垣の所で今度は浦和実ベンチがエンドランを仕掛けるとこれが見事に決まる。板垣は期待に応えレフト前ヒットを放ち無死一、三塁と絶好の得点機を迎える。だが、打順は下位、まず1点か、それとも一気に大量点か、ベンチは難しい選択を迫られる。ベンチの選択は強攻策であったが、結局後続が2三振を喫するなど三書凡退に倒れ、浦和実は無得点でこの回の攻撃を終わる。ここで最低1点でも返しておけば、浦和実が裏攻めということもあり、マウンドにはエース豆田が上がっている。その後の展開も変わっていたであろう。

 これで立ち直った西武台・増田は持ち味である制球力で3回以降浦和実打線の鎮静化に成功する。特に、4回以降は目に見えて右打者のインコースへの直球が増え始め、それを武器に浦和実打線を無失点に抑える。

【次のページ】 西武台vs浦和実(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【動画】10試合で66得点をマーク!西武台の強力打線の秘密に迫る! 【ニュース - 高校野球関連】
帝京、習志野、敦賀気比...。選抜を逃した強豪たち 【ニュース - 高校野球関連】
第1009回 健大高崎と大接戦演じた西武台(埼玉)!攻守のカギを握るキーマンたちに迫る!【野球部訪問】
第1004回 多彩な野球を見せる西武台(埼玉)の源は「アクティブラーニング」にあり!【後編】【野球部訪問】
第1004回 強豪校続々撃破の関東大会ベスト8の西武台(埼玉)を一変させた打撃改革【前編】【野球部訪問】
第997回 2020年の埼玉は春日部共栄、聖望学園、浦和実だけの強豪だけではなく、秋の県大会に出ていない山村学園も脅威!【大会展望・総括コラム】
第997回 花咲徳栄、浦和学院はもちろん2020年の埼玉のトップを走る6チームは??【大会展望・総括コラム】
健大高崎vs西武台【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
西武台vs青藍泰斗【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
花咲徳栄vs西武台【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
西武台vs川口市立【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
西武台vs昌平【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
第992回 奪三振率の高さを生み出す「強い信念」と「明確な自己分析」 豆田泰志(浦和実) 【2019年インタビュー】
浦和実 【高校別データ】
西武台 【高校別データ】
令和元年度 秋季埼玉県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る