春日部共栄、昌平に昨夏のリベンジ達成!

 昨夏悪夢の初戦敗退を喫したAシード・春日部共栄、ベスト8でその因縁の相手、プロ注目・米山 魁乙(3年)擁するCシード・昌平と激突した。

 昌平は前の試合と全く同じスタメン、一方の春日部共栄は、前の試合から7番・片平 進(3年)、9番・森 飛翼(3年)がスタメン復帰し両チームフルメンバーの戦いとなる。

 ただ、先発は春日部共栄がエース村田 賢一(3年)、一方の昌平は前の試合同様、エース米山ではなく、右腕・大澤歩(3年)が登板し試合が始まる。昌平サイドとすれば、大澤が今大会好調であり、米山は今大会あまり良い状態とは言えない。中盤まで2,3点のビハインド、ある程度我慢の展開は織り込み済みの裏攻めということであろう。ただ春日部共栄・村田は制球良く大崩れしない好投手である。この試合は5点勝負、先に5点を奪ったほうの勝利と見ていた。

 試合は案の定、序盤から春日部共栄ペースで試合が進む。

 まず初回、春日部共栄昌平・大澤の立ち上がりを攻め、先頭の黒川 渓(3年)がレフト前ヒットを放ち出塁すると、すぐさま二盗を試みる。だが、これが失敗に終わる。続く木村も四球を選び再度チャンスメイクするが後続が倒れ無得点に終わる。

 春日部共栄は3回表にも、この回先頭の丸田 輝(3年)がセンター前ヒットを放ち出塁するが、続く森の犠打は失敗に終わる。それでも、1番・黒川がセンター前ヒットを放ち一死一、二塁とチャンスを広げるが、二死後、3番・平尾(2年)は大きな当たりであったがレフトフライであり、またしても先制機を逃したかに思われた。だが、レフトがこの打球に対し目測を誤り、2点タイムリー二塁打となりラッキーな形で春日部共栄が先制する。

 これで勢いに乗った春日部共栄は、4回表、この回先頭の石﨑 聖太郎(3年)がライトスタンドへソロ本塁打を放ち、早くも3点差をつける。さらに、二死後、8番・丸田が四球を選び、続く強打の9番・森の所で、これ以上の失点は命取りになると感じたか、昌平ベンチは、前の試合と同じく、春日部共栄打線がもうすぐ三巡目を迎えるという所で、エース・米山を投入する。

 対する昌平もその裏、すぐに反撃を開始する。この回先頭の角田蓮(2年)が、レフトフェンス付近まで大きなレフトフライを放つと、これをレフトが落球し二塁打となる。無死二塁とこの試合初めてスコアリングポジションへ走者を進めると、さらに、続く吉野 創士(1年)がレフト前タイムリーを放つ。1点を返し、イケイケになるかと思われたが、後続が倒れ、この回の反撃を1点で終える。