2019年07月23日 埼玉県営大宮公園野球場

市立川越vs浦和実

2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会 5回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

序盤、中盤、終盤と流れをキープして市立川越、6安打で11安打の浦和実に勝つ

 夏の埼玉大会の場合は、熱中症対策なども考慮して、3イニングごとに給水タイムが取られており、その間にグラウンド整備が行われる。通常は、5回の裏表終了時点で1試合に一度グラウンド整備が行わせるのだが、2度の整備タイムによって、戦っているチームとしては、2度切り替えるタイミングを得られることになる。

 また、そのことによって試合の展開そのものが、序盤~中盤~終盤と区切られていくケースもなくはないだろう。この試合は、ちょうど、そんなことを思わせる展開となった。
 まず序盤、市立川越が主導権を握っていた。2回に市立川越は先頭の6番米永君が右へ二塁打すると、バントで進もめて一死三塁。いろんなことを試みることが出来て、点の入りやすい形だったが、ここで浦和実バッテリーエラー、三振振り逃げ捕逸があって、これで先制点が入った。さらに3回、一死から四球の原田君を置いて、4番瀬良君が右越へ2ランを放つ。

 ここまでの序盤はこうして市立川越の流れで進んでいく。
 しかし、4回から浦和実は背番号20の2年生投手ながらも球の速さでは県内でも一二を争うのではないかと言われている豆田 泰志君が登板。ことに、豆田君は初速と終速のスピードがあまり変わらないというか、ベース上のストレートの速さに定評がある。

 一方市立川越は、そのまま左腕和田光君が踏ん張る。こうして6回まで試合が進んでいく。

 そして、浦和実の7回に突入。つまり終盤に差し掛かったところだが、先頭の6番後藤 大成君が左中間へ二塁打すると、遠藤光一郎君の一二塁間安打で一三塁とする。そして、8番に入っていた豆田君の打順となったのだが、ここで浦和実の土居健太監督は思い切って豆田君を下げて勝負に出る。代打遠藤拓磨君はスクイズを決めて1点を返す。さらに一死一三塁というところで、松村君のスクイズは相手失策も誘い1点となり、なおも一死一二塁。しかし、二塁走者が飛び出して刺され、その後にもう一度代打秋山君の右越二塁打で二三塁としてが、ここは何とか和田君が凌いだ。

 浦和実は1点届かなかったのだが、その裏の市立川越は3人目の松本将吾君、さらには4人目の白石君を攻めて高橋龍之介君のタイムリー打と杉君の中犠飛で再び2点を加えて3点差。

 ところが、浦和実も4番竹内君のソロアーチに水谷君の中前打でついに和田君を引きずり下ろす。新井清司監督は二番手として鈴木優作君を送り出す。しかし、鈴木君に対しても四球と内野安打などで満塁として、死球で押し出してまたまた1点差。それでも鈴木優作君も、ギリギリのところで何とか踏ん張る。
 果たして薄氷の9回は、どうなるのかと思われたが、あっさりと3人で処理して、辛くも市立川越が何とか逃げ切った。

 川越商時代の平成元(1989)年に甲子園出場を果たしている市立川越。以降、31年の歳月を経て、令和元年の悲願達成に、にわかに現実味を帯びてきたベスト8進出だったとも言えようか。

(文=手束 仁

2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会埼玉大会
■開催期間:2019年7月10~7月28日(予定)
■組み合わせ表【2019年 第101回全国高等学校野球選手権大会埼玉大会】
■展望コラム【今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!】

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
春日部共栄、聖望学園、浦和実など躍進に期待できるチームを紹介! 【ニュース - コラム】
第997回 2020年の埼玉は春日部共栄、聖望学園、浦和実だけの強豪だけではなく、秋の県大会に出ていない山村学園も脅威!【大会展望・総括コラム】
中学時代は2番手投手だった山村学園・和田朋也 中学生を指導し「しっかりと体を作って諦めないで」 【ニュース - 高校野球関連】
第647回 埼玉県の勢力図に楔を打ち込んだ山村学園(埼玉) 躍進の裏にあるのは徹底した体作り【野球部訪問】
第233回 今年の高校生捕手は東妻、山瀬、水上など逸材揃い!【厳選12捕手リスト】【ドラフト特集コラム】
埼玉栄vs市立川越【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
西武台vs浦和実【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
市立川越vs星野【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県地区予選】
狭山ヶ丘vs山村学園【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県地区予選】
第937回 【埼玉大会総括】花咲徳栄5連覇達成!2019年夏を熱くした埼玉の強豪たち【大会展望・総括コラム】
花咲徳栄vs山村学園【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
第999回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第992回 奪三振率の高さを生み出す「強い信念」と「明確な自己分析」 豆田泰志(浦和実) 【2019年インタビュー】
第201回 夏はこのスーパー1年生たちに注目だ!厳選リスト25名!【ドラフト特集コラム】
第788回 「野球に対する考えが180度変わった」米倉貫太(埼玉栄)が歩んだ「確かな3年間」 【2018年インタビュー】
第4回 第96回選手権埼玉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
浦和実 【高校別データ】
市立川越 【高校別データ】
第101回 全国高等学校野球選手権 埼玉大会 【大会別データ】

応援メッセージ (2)

浦和実浦実ファイトなつ母 2019.07.23
浦実頑張れ!!
市立川越市立川越!ケイビー 2019.07.23
和田君 一球入魂!

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る