村田4安打11奪三振完投勝利もAシード・春日部共栄が抱える一抹の不安。

 Aシード・春日部共栄栄北との一戦、栄北はここまで3試合すべて8点以上を奪うなど、打線が好調であるだけに栄北打線が春日部共栄村田 賢一(3年)をどれだけ捉えられるかがこの試合の焦点となる。

 まずは春日部共栄だが、この日1年生の増田 凛之介をスタメンに使う。一方の栄北は今春から打順がだいぶ変わっている。ピッチャーということもあるか今春3番だった野口悠也(3年)が9番に下がり、4番だった金子大輔(3年)が3番に、7番だった平良翔吾(2年)が4番に入る。メンバーも今春から2人代わり、5番に吉武謙太(2年)、6番に1年生の佐藤聖が入った。

 そして、先発は春日部共栄・村田、栄北・野口と両エースが登板し試合が始まる。