2019年07月18日 さいたま市営大宮球場

越谷西vs川口市立

2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

越谷西の140km右腕・襟川、投打の活躍でDシード・川口市立に勝利!

 MAX140kmの長身左腕・中島 斗唯(3年)擁するDシード・川口市立対MAX140km右腕・襟川直樹(3年)擁する越谷西との一戦、共に好投手を擁しているだけに、ロースコアの展開が予想される。

 川口市立はメンバーこそさほど変わっていないが、今春から打順は多少組み替えている。今春6番を打っていた古河晃樹(2年)を1番に上げ、黒木達斗(3年)を2番に、6番には栗田凌輔(2年)が入り、7番に吉村公佑(3年)が入る。

 先発は越谷西がエース襟川、一方の川口市立は中島ではなく、背番号10の2年生右腕・川原 大和(2年)が登板し試合が始まる。

 先にチャンスを掴んだのは川口市立であった。

 2回表、この回先頭の品田敬悟(3年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く西澤虎太朗(2年)のセカンドゴロの間に一走・品田は二塁へ進む。二死後、7番・吉村がレフト前ヒットを放ち二死一、三塁とチャンスを広げる。さらに、一走・吉村がすぐさま二盗を決め二死二、三塁とするが、後続が倒れ無得点に終わる。

 すると越谷西はその裏、この回先頭の福村俊(2年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く襟川がレフトスタンドへ2ラン本塁打を放ち、越谷西が2点を先制する。

【次のページ】 越谷西vs川口市立(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
【21世紀枠推薦校】本日発表!9地区の21世紀枠推薦校の決定前に45校の推薦校をチェック! 【ニュース - 高校野球関連】
【21世紀枠推薦校】21世紀枠推薦校が続々と決定!一覧を見ていこう 【ニュース - 高校野球関連】
西武台vs川口市立【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
川口市立vs春日部共栄【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
第907回 夏の大会で活躍するのは俺たちだ!春季埼玉県大会を総括!【後編】【大会展望・総括コラム】
川口市立vs武南【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
川口市立vs西武文理【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
獨協埼玉vs越谷西【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 地区予選】
第788回 「野球に対する考えが180度変わった」米倉貫太(埼玉栄)が歩んだ「確かな3年間」 【2018年インタビュー】
第661回 3年連続で決勝戦は県内2強の対戦に!春季埼玉県大会を振り返る【大会展望・総括コラム】
第101回 越谷西高等学校(埼玉)【僕らの熱い夏2017】
川口市立 【高校別データ】
越谷西 【高校別データ】
第101回 全国高等学校野球選手権 埼玉大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

越谷西勝て!東武線民 2019.07.17
いよいよシード校との闘い。
エラーゼロでいつもの力を出し切れば必ず勝てる。頑張れ!越西!

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る