エース中津原がノーヒットノーランを達成した花咲徳栄4回戦へ

 3回戦で花咲徳栄正智深谷が激突した。この両者は昨夏ベスト8で対戦したが、その時は先発した正智深谷の当時1年生、北田智郎(2年)の好投もあり4対1と僅差のゲームとなっている。今回はどうか。

 まず、花咲徳栄の今春から変更した点だが、7番・サードに打撃好調な2年生田村大哉が入った。それにより井上 朋也(2年)の守備位置がサードからライトに変更することとなる。それ以外は2~5番に昨夏の甲子園組がずらりと並ぶなど不動のスタメンだ。一方の正智深谷だが、今春のスタメンで残っているのは、関口、長滝、中川、花崎の4人だけだ。今春地区予選で敗れたこともあったか、夏へ向けスタメンがかなり入れ替わっている。

 そして先発は花咲徳栄・中津原隼太(3年)、正智深谷・北田と両エースが登板し試合が始まる。

 まず初回、花咲徳栄正智深谷・北田の立ち上がりを攻め、先頭の池田悠真(3年)がサードゴロエラーで出塁すると、続く橋本 吏功(3年)もレフト前ヒットを放ち、無死一、二塁とチャンスを広げる。さらに、3番・韮沢 雄也(3年)が三振に倒れる間に二走・池田が三盗を決め、一死一、三塁とする。だが、続く井上も三振に倒れ、さらに一走・橋本が二盗をする際に、井上がキャッチャーの送球を妨害したとみなされ、守備妨害で絶好の先制機を逸する。

 それでも花咲徳栄栄は2回表、この回先頭の羽佐田 光希(3年)が死球で出塁すると、続く中井 大我(2年)がセンター前ヒットを放ち、無死一、三塁とチャンスを広げる。ここで7番・田村がきっちりと犠飛を放ち、花咲徳栄が幸先良く1点を先制する。

 花咲徳栄は4回表にも、この回先頭の羽佐田がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く中井の所で一走・羽佐田はキャッチャーがファンブルする間に二塁へと進む。中井はショートゴロに倒れるが、その間に二走・羽佐田が三進し一死三塁とすると、ここで7番・田村がセンター前タイムリーを放ち2点目を奪う。

 2点目を奪い、徐々に試合のペースを掴み始めた花咲徳栄は、打順が三巡目を迎えた5回表、正智深谷・北田に襲い掛かる。この回先頭の橋本が四球を選び出塁すると、すぐさま二盗を決め無死二塁とする。さらに続く韮澤もレフト前ヒットを放ち、無死一、三塁とチャンスを広げると、4番・井上がセンター前タイムリーを放ち3対0とし正智深谷・北田をマウンドから引きずり降ろす。

 試合の主導権を握る花咲徳栄は、6回表にも二番手・左腕の幕田真哉(3年)に対し、この回先頭の菅原 謙伸(3年)がレフト前ヒットを放ち出塁すると、続く池田も四球を選び無死一、二塁とチャンスを広げる。2番・橋本がきっちりと送り一死二、三塁とすると、続く韮澤がライト越えのタイムリー二塁打を放ちまず1点、さらに4番・井上も左中間へ2点タイムリー二塁打を放ち、6点差をつけ試合の大勢は決した。