2019年07月16日 埼玉県営大宮公園野球場

朝霞vs坂戸西

2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

雨天の激戦、効率良く攻めた朝霞が3回戦進出!

 県営大宮球場の第一試合、朝霞坂戸西の一戦は、前日からの雨で水溜まりのできたグラウンドを朝から懸命の整備で開始時間を1時間遅らせながらも何とか開始にこぎつけた。だが、この日も昼から雨予報であり予断は許さない。

 先発は朝霞・金子雄太郎(2年)、坂戸西・藤田鼓太郎(3年)の両エースが登板し試合が始まる。

 共に、緩急と制球力が生命線だが、序盤は両投手がその持ち味を発揮し無失点で切り抜ける。

 試合が動いたのは4回表であった。

 それまで坂戸西・藤田の前にノーヒットに抑えられていた朝霞は、この回先頭の笠原脩(2年)が三塁線を破る二塁打を放ち出塁すると、続く石渡沙里武(2年)の所でベンチは強攻の指示を出す。結局石渡も四球を選び無死一、二塁とすると、一転4番・葛籠貫圭将(2年)はきっちりと送り、一死二、三塁とチャンスを広げる。ここで続く山本大輝(3年)が左中間へタイムリー二塁打を放ったのだが、二走・石渡は何故かハーフウェーにいなかったため三塁で自重する。それでも、続く一死二、三塁で6番・鬼塚健星(3年)がセンター越えの2点タイムリー二塁打を放ち3対0とする。

 朝霞の攻撃はこれでは終わらず、一死二塁から続く新井啓太(3年)がセンター前タイムリーを放つと、二死後、9番・金子雄がライト越えのタイムリー三塁打を放ち、坂戸西・藤田をマウンドから引きずり降ろす。結局この回5点のビックイニングを作った朝霞が、試合の主導権を完全に握る。

 一方、坂戸西は初回二死一、二塁のチャンスで無得点に終わると、その後も2回裏二死二塁、4回裏一死二、三塁、5回裏二死一、二塁とチャンスの数自体は多かった。だが、再三のチャンスを物にできず、試合前半を終える。

 すると、朝霞は5回でエース金子雄をあっさりと諦め、6回から継投に入る。

 2番手左腕の石渡は、金子雄と全くタイプが異なり、キレのある直球を中心に組み立て、坂戸西打線を力でねじ伏せる。

 一方、坂戸西の2番手・三浦快斗(3年)も重そうな球質の直球にフォークを交え、朝霞打線を無得点に抑える。

 7回あたりから雨足が強くなり始め、グラウンドも水でぬかるみ始める。

【次のページ】 朝霞vs坂戸西(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
狭山ヶ丘、入間向陽らが県大会へ出場決定!【16日の結果・埼玉県地区予選】 【ニュース - 高校野球関連】
西武文理・石野が圧巻の投球を見せ2回戦へ!一回戦2試合を徹底レポート【南埼玉大会】 【ニュース - 高校野球関連】
坂戸西vs所沢中央【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権南埼玉大会】
所沢商vs朝霞西【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
上尾vs朝霞【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
朝霞vsふじみ野【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
白岡vs朝霞西【埼玉県 2017年秋の大会 埼玉県大会】
第474回 浦和学院vs聖望学園が実現!注目の好カードを一挙紹介!【春季埼玉大会展望】【大会展望・総括コラム】
第346回 【埼玉抽選会後 展望】シード校は厳しい組み合わせに!今年も大荒れの大会になるか?【大会展望・総括コラム】
第298回 【春季埼玉県大会】初戦から好カード続出!今大会おススメのカードとは?【大会展望・総括コラム】
第162回 【第97回埼玉大会展望】1回戦ではもったいない好カード満載!8ブロックの見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第213回 県立坂戸西高等学校(埼玉)【野球部訪問】
朝霞 【高校別データ】
坂戸西 【高校別データ】
第101回 全国高等学校野球選手権 埼玉大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

朝霞選手権埼玉王室D.O.G. 2019.07.14
初戦突破おめでとうございます!
引き続き応援してます!悔い残さずファイトです!!

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る