和田朋也(山村学園)

 春日部共栄は、その和田に対しても攻撃の手を緩めない。8番・丸田 輝(3年)がバスターエンドランを決め無死一、二塁と再度チャンスメイクすると、続く武藤がきっちりと送り一死二、三塁とチャンスを広げる。ここで1番・黒川が犠飛を放ちまず1点、さらに続く木村 大悟(3年)もセンター前タイムリーを放つなど春日部共栄は結局この回3点を奪い4対1とし試合の主導権を握る。

 一方、春日部共栄・武藤は4回裏もこの回先頭の櫻澤一哉(3年)にセンター前ヒットを浴びるが、後続から三者連続三振を奪うと勢いに乗る。

 春日部共栄は6回表にもこの回先頭の石崎がライトスタンドへソロ本塁打を放ち貴重な追加点を挙げ5対1とし試合の大勢はほぼ決した。

 投げては武藤がその後の5イニングを2安打無失点に抑える好投を見せ、春日部共栄がそのまま5対1で山村学園を下し決勝へ駒を進めた。

 まず山村学園だが、この日は和田を先発に立てなかったこともあり、ある程度の失点は覚悟していただろう。それだけにこの日は打線の奮起が期待されたが、序盤の拙攻もあり頼みの打線が最後まで春日部共栄・武藤を攻略できず完投を許してしまったのは今後の関東大会を考えると問題だ。明日の3位決定戦は昨秋敗れている東農大三が相手だ。それだけに明日はリベンジすべく攻撃陣の爆発に期待したい。また投手陣もこの日は伊織に目途が立ったかというと微妙な所だ。夏へ向け、和田以外の投手を育てることは急務であり、しかも和田は東農大三戦で前回登板し攻略されている。それだけに、和田以外の投手が先発することが考えられる。夏へ向け、脱・和田へどの投手が名乗り出るか、明日の投手起用にも注視して行きたい。

 一方の春日部共栄も、夏へ向け村田以外の投手陣の整備が急務であるだけに、この日武藤に一応の目途が立ったことは収穫であろう。また大会序盤低調であった打線もこの日2本塁打を放つなど徐々に状態は上向いている。現状の春日部共栄の立場を考えると、できれば今大会は初戦から村田に一切登板させないぐらいのハンデを背負う余裕を持った戦いぶりを見せて欲しかった。だが、どうしても夏の上位シードが欲しかったのであろう。今大会も村田メインで戦ってしまった以上、Aシードが確定した明日は村田以外の投手に大会での経験を積ませることが必須だ。明日の決勝は昨秋延長の末何とか下した難敵・浦和実が相手だが、そんな中村田以外の投手が好投し投手陣としての全体値を積み上げることができるかが今後への鍵となる。

(記事:南 英博、写真:佐藤 純一 img066~)