2発放つなど打線が復調気配の春日部共栄、決勝進出



先発・武藤瑛徳(春日部共栄)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 センバツ出場校であるAシード・春日部共栄対初の関東大会出場を決め勢いに乗る山村学園との一戦、春日部共栄は和田を意識したか不動のスタメンから平尾(2年)を外し、4番・ファースト村田 賢一(3年)、5番・レフトに森 飛翼(3年)を置く布陣を取る。一方の山村学園もこの日はファーストに益子宏斗(3年)ではなく青木健人(2年)をスタメンで使う。先発は関東大会出場を既に決めているということもあり、春日部共栄はエース村田ではなく右スリークウォーターの武藤瑛徳(3年)、一方の山村学園もエース和田 朋也(3年)ではなく伊織 丈一郎(3年)と両校共にエースを立てず試合が始まる。

 先制したのは春日部共栄であった。初回伊織の立ち上がりを攻め、1番・黒川 渓(3年)が先頭打者本塁打を放ち幸先良く1点を先制する。だがその後、二死一、二塁と追加点のチャンスを得るが後続が凡退し1点でこの回の攻撃を終える。

 するとその裏、山村学園もすぐに反撃を開始する。春日部共栄・武藤の立ち上がりを攻め、一死から横田修大(3年)が四球で出塁すると、続く平野裕亮(2年)もレフト前ヒットを放ち一死一、二塁とチャンスを広げる。だが、ここでレフトの緩慢な守備を突き一走・横田が一気に三塁を狙うが、ここは封殺されてしまう。それでも二死二塁から4番・橋本大樹(3年)がセンター前タイムリーを放ちすぐに1対1の同点とする。

 山村学園・伊織は2回以降立ち直ったのに対し、春日部共栄・武藤は2回以降もピンチが続く。2回、3回と先頭打者を死球での出塁を許す。だが、2回はスコアリングポジションへ走者を進められるが、後続を抑えると、3回裏には無死一塁から相手エンドランを読み切りウエストし三振併殺に抑えるなど無失点で切り抜ける。

 すると春日部共栄は、試合中盤に山村学園を突き放しにかかる。

 春日部共栄は4回表、この回先頭の片平 進(3年)がレフト線へ二塁打を放ち出塁すると、続く石﨑 聖太郎(3年)の犠打はピッチャー前への打球となる。

 だが、伊織が三塁へ悪送球を放り1点を勝ち越されると、山村学園ベンチは早くも伊織を諦め、エース和田をマウンドへ送る。