花咲徳栄打線を止められるチームは現れるか?



井上朋也(花咲徳栄)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 花咲徳栄VS聖望学園という埼玉を代表する私学4強同士が早くもここで激突した。この対戦というと、3年前の花咲徳栄高橋 昂也(現広島)を擁し臨んだ夏の決勝が記憶に新しいが、春での対戦というとその同じ年の春ベスト8で当たりその時も10対5で花咲徳栄が勝利している。聖望学園が勝利した試合はというと、そのさらに1年前の春ベスト8、当時2年生の高橋 昂也が隠し玉のような扱いで、聖望学園戦に先発するもその試合は聖望学園が3対1で勝利している。今回はどうなるか。

 花咲徳栄は前の試合同様左腕の和田 慶悟(3年)、一方の聖望学園はエースナンバーの園田周(2年)が先発し試合が始まる。試合はまるで前の試合のVTRを見ているような展開となる。

 花咲徳栄は初回、聖望学園・園田の立ち上がりを攻め立て、先頭の池田悠真(3年)が四球で出塁すると、続く橋本 吏功(3年)が左中間へのタイムリー二塁打を放ちまず1点、さらに一死後、一死三塁から4番・井上 朋也(2年)が、センターバックスクリーン横へ特大の2ラン本塁打を放ち、あっという間に3点を先制する。

 対する聖望学園も黙ってはいない。その裏すぐに反撃を開始する。和田の立ち上がりを攻め、一死後、2番・内藤匠之介(3年)がセンター越えの二塁打を放ち出塁すると、続く川元健太郎(3年)のショートゴロがショート韮沢 雄也(3年)のエラーを誘い一死一、二塁とチャンスが広がる。ここで4番・堀田俊輔(3年)が左中間へタイムリーを放ち1点を返すと、さらに一死一、三塁から続く田島祐(3年)がセンターへ犠飛を放ち3対2とし攻撃を終える。

 だが、花咲徳栄は2回表、立ち直りの兆しが見えない聖望学園・園田に対し、一死から、8番・和田、9番・菅原 謙伸(3年)、1番・池田が3四死球を選び一死満塁とすると、続く橋本吏がレフトへ犠飛を放ちまず1点、さらに3番・韮澤がライト前タイムリーを放ち、再度3点差をつけ園田をマウンドから引きずり降ろす。

 その後代わった2番手・右サイドの清水星哉(2年)が4回一死満塁で4番・井上というピンチも併殺で凌ぐなど粘りの投球を見せれば、花咲徳栄の和田も2回以降は徐々に落ち着きを取り戻す。試合は膠着し5対2のまま試合は5回へと進む。