タイブレークの末、埼玉栄が熊谷商業を振り切りベスト8へ



田村大也(埼玉栄)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 昨秋花咲徳栄を下しベスト8へ進出した、Cシード埼玉栄とMAX143km右腕・エース関口 航太(3年)を擁する古豪・熊谷商との一戦、先発は埼玉栄が田村大也(2年)、熊谷商も三浦陸(3年)と両左腕が登板し試合が始まる。

 試合は、熊谷商の粘りもあり、終盤もつれにもつれた展開となる。

 序盤は埼玉栄のペースであった。

 まず初回熊谷商・三浦の立ち上がりを攻め立て、1番・北口 恭輔(3年)がいきなりレフトへ先頭打者本塁打を放ち1点を先制すると、続く庄司遥登(3年)もライト前ヒットを放つ。庄司は牽制で刺されてしまうが、3番・清水玲央(3年)が四球を選び再度チャンスメイクすると、続く和田 康平(3年)もレフト前ヒットを放ち一死一、二塁とチャンスを広げる。二死後、6番・福田晴海(3年)も死球を選び二死満塁とするなど、執拗に三浦を追い詰めるが、ここは三浦が何とか後続を抑え何とか1失点で初回を乗り切る。

 だが、3回表、埼玉栄は一死から3番・清水がレフト越えの二塁打を放ち出塁すると、4番・和田、5番・佐々木丈(3年)が連続死球を選び一死満塁と追加点のチャンスを迎える。続く福田はセカンドゴロに倒れるが、セカンドの二塁送球が逸れる間に2点が入り、埼玉栄が3点差をつける。

 もう1点を与えられない熊谷商サイドは、たまらず4回からエース関口を立てるが、埼玉栄打線はその関口の代わり端を攻め、この回先頭の下田康太(3年)がライト前ヒットで出塁すると、続く北口も四球を選びいきなり無死一、二塁のチャンスを掴む。2番・庄司はショートゴロに倒れ併殺かと思われたが、セカンドの一塁送球が逸れ一死一、三塁と埼玉栄のチャンスは続く。3番・清水の所で埼玉栄ベンチは一走とのエンドランを仕掛けるが、清水の打球はピッチャーゴロとなり併殺で追加点のチャンスを潰す。

 一方の熊谷商打線は初回から毎回走者を出し、毎回のようにあと一本が出ず無得点で前半を終了する。

 埼玉栄ベンチは6回から満を持してエース左腕の北村修造(3年)を投入するがこれがやや誤算であった。

 まず6回裏この回先頭の秋山岳土(3年)が四球で出塁すると、続く関口の犠打をキャッチャーがエラーをし、無死一、二塁とする。さらに5番・平野敦也(3年)がきっちりと送り一死二、三塁とチャンスを広げるが、ここは北村が踏ん張り後続を抑え無得点で切り抜ける。

 すると、埼玉栄は7回表、二死から5番・佐々木がセンター前ヒットで出塁すると、続く福田がライトフェンス直撃のタイムリー二塁打を放ち4点差をつけ試合の大勢は決したかと思われた。

 だが、埼玉栄・北村に立ち直りの兆しが見られない。7回裏にも8番・新井、9番・小島に連続四球を与え無死一、二塁としてしまう。すると、これまで再三のチャンスを逃し続けてきた熊谷商打線が、この回ついに爆発する。1番・鈴木翔がきっちりと送り一死二、三塁とすると、続く岡村のサードゴロが相手の野選を誘いまず1点、さらに3番・秋山がレフト前タイムリーを放ち4対2とし北村をマウンドから引きずり降ろす。代わった3番手・内田に対しても、4番・関口がレフト前ヒットを放ち一死満塁とチャンスを広げると、続く平野もセンター前タイムリーを放ち1点差、さらに二死満塁7番・草野の所で、熊谷商サイドがまるで健大高崎のようなトリックプレーを見せる。まず二走・関口が大きなリードを取る。キャッチャーがこれに引っかかり二塁送球してしまうと、その瞬間に二走・関口、三走・秋山が共にスタートする。結果関口の挟殺前に秋山が本塁生還し熊谷商がついに4対4の同点に追いつく。

 その後は両者一進一退の攻防が続く。