2019年04月27日 埼玉県営大宮公園野球場

浦和実vs所沢商

2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会 3回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

7回の集中力が勝負の分かれ目!浦和実業が逆転勝ちで勝利を呼び込む!!



安堵の表情を浮かべる秋山(浦和実業)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 埼玉県営大宮公園球場の第二試合目は、浦和実所沢商の一戦は1点を争う攻防となった。

 先にマウンドに上がったのは、所沢商の先発・甲田将士。甲田は、特徴がないのが特徴なのかもしれない。ストレートや変化球どれを取っても目を見張る球はないが、テンポの良い投球に加え絶妙なコントロールが冴えわたる。

 浦和実打線を初回を3人で抑えると、2回もランエンドヒットを狙ってきたがそこも難なくかわし三振併殺でピンチの芽を摘む投球を披露。

 一方、浦和実のマウンドに上がったのは豆田 泰志。同校で活躍した豆田 侑輝を兄に持つオーバーハンド右腕。伸びのあるストレートは、他の強豪の投手と引けを取らない球を投げる。低めから浮き上がるようなストレートはズバッとミットに収まる好右腕と位置づけして良いだろう。まだ2年生だけに今後の活躍や伸びしろが注目される。

 その立ち上がりは死球で幕が上がる。その後、犠打などで二死、一三塁とするが後続を三振に切って取り先制点は譲らない。

 だが先制点は、所沢商業が手繰り寄せる。
豆田がまたしても先頭を四球で出塁させると、8番・甲田が犠打をした打球は勢いよく豆田の前に転がる。迷いなく二塁を狙ったが、これが悪送球となり無死、一二塁とピンチを招く。その後、四球を絡めて二死、満塁とすると2番・下田がレフト前タイムリーヒットで労せずして先制点を奪う。



今後が期待される豆田泰志(浦和実業)

 先制点をもらい気分よく投球する甲田にまさかのアクシデント。
一死後、ヒットを許すと9番・吉田の放ったライナーが甲田の腕に直撃し負傷交代となる2番手には、サードを守っていた石川がマウンドに上がる。その石川は、両コースにしっかり投げ込み無失点で3回表を凌ぐ。

【次のページ】 浦和実vs所沢商(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
力を見せた花咲徳栄がV5!熾烈極めた埼玉大会を振り返る! 【ニュース - コラム】
第937回 【埼玉大会総括】花咲徳栄5連覇達成!2019年夏を熱くした埼玉の強豪たち【大会展望・総括コラム】
市立川越と山村学園がベスト8へ!2試合を徹底レポート!【埼玉大会】 【ニュース - 高校野球関連】
花咲徳栄vs所沢商【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
市立川越vs浦和実【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
浦和実vs浦和学院【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
第1018回 奪三振率の高さを生み出す「強い信念」と「明確な自己分析」 豆田泰志(浦和実) 【2019年インタビュー】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第939回 今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs浦和実【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
浦和実vs山梨学院【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第906回 関東大会に出場する4校の現在の戦力は?春季埼玉県大会を総括!【前編】【大会展望・総括コラム】
第905回 野手のタレントが続々登場する関東大会2日目。東海大菅生、前橋育英に注目(最新版)【大会展望・総括コラム】
浦和実 【高校別データ】
所沢商 【高校別データ】
2019年度 春季高等学校野球埼玉県大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

浦和実感謝OGの親父 2019.04.24
初戦を勝利し、落ち着いたのではないでしょうか。
Bシードとしてのプレッシャーもあったと思いますが、
良く我慢をしてくれました。
27日は所沢商戦。挑戦者として直向きに諦めずに
試合が出来ることに感謝して、戦ってください。

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る