今度はバットで魅せた!村田賢一の決勝打で春日部共栄がベスト8進出!!



決勝タイムリーヒットを放つ村田賢一

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

ベスト8を賭けた春季埼玉県高校野球大会の3回戦。
今春、センバツ出場を果たした春日部共栄松山との一戦が埼玉県営大宮公園球場にて行われた。朝まで降り続いた雨も止み、懸命なグランド整備のおかげもあって多少ぬかるみもあるが試合が始まる。

 春日部共栄の先発マウンドには、村田 賢一が上がった。
前回の川越初雁戦では、ノーヒットノーランを成し遂げておりこの日の投球にも注目しようと多くの観客が訪れた。

 その立ち上がり、松山はあっさり二死を奪われるが3番・新井、4番・吉澤の連続ヒットで二死、一二塁とチャンスを作る。続く5番・大島の打球はショートへのライナーとなり無得点となる。村田は初回やや球は荒れていたが球威で打者を打ち取る。

 一方、松山の先発マウンドには栄北戦に続き、背番号7の左腕・大島が上がる。
大島は一死後、2番・木村 大悟にヒットを許すが牽制で誘い出し危なげなく初回を3人で凌ぐ。

 先取点を挙げたのは松山の4回表の攻撃。
先頭の3番・新井の放った打球は98mあるライトのフェンス最上部に直撃するスリーベースヒットでチャンスメイクを果たす。一死後、5番・大島が犠牲フライを放ち先制する。しかし、この回は1点止まりで攻撃を終える。

 春日部共栄は、焦りはないが早めに点を取りに行きたいというところ。だが、松山の先発左腕・大島を打ちあぐねてしまう。プルヒッターの打者には、インコースのストレートやスライダーでカウントを稼ぐと最後はアウトコースに落ちる球で手玉に取るなど幅と奥行きのある投球と配球で春日部共栄打線を打ち取る。

 なかなか狙い球を絞れない春日部共栄打線は6回裏にチャンスを迎える。
5回を散発3安打に抑え込んでいた大島に代わって内田がマウンドに上がった。ここまでの松山の戦い方を見ていたら継投がカギになることは試合前から予想していた。しかし、最初から5回までと決めていたのかもしれないが、春日部共栄打線は全くタイミングが合っていなかっただけにこの交代のタイミングはいかがだったのか。