2018年10月07日 埼玉県営大宮公園野球場

春日部共栄vs浦和実

2018年秋の大会 埼玉県大会 準決勝
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

インコースストレートの攻防



村田賢一(春日部共栄)

 まさに産みの苦しみといった所か。過去秋季大会はベスト8やベスト4で何度も跳ね返されてきた春日部共栄が、やっとそのなかなか開かなかった決勝への扉をこじ開けてみせた。

 春日部共栄がエース村田 賢一(2年)、一方豆田 泰志(1年)、三田 隼輔(2年)の二枚看板で勝ち上がってきた浦和実はこれまで同様に1年生右腕豆田が先発し試合が始まる。村田はオーソドックスな力投型で前日完投してこの日の連投ということもあり、そのスタミナ面に一抹の不安は残ったが、この日も直球はMAX136km、アベレージで130km中盤は出ており、その点は問題ないようだ。一方の浦和実豆田も連投だが、前日は4イニングしか投げておらずスタミナ面は問題ないようだ。この日もその力感ないフォームから飄々と投げ、MAX135kmを計測している。

 今年のチームは強打が売りの春日部共栄対投手力が充実している浦和実という戦前の予想であったが、試合は総じて浦和実のペースであった。

 初回浦和実春日部共栄・村田の立ち上がりを攻め、一死から2番・松村が四球で出塁すると、すぐに二盗を試みる。これがキャッチャーの悪送球を誘い一走・松村は一気に三進し一死三塁とチャンスが広がる。だが、ここは村田が踏ん張りに遭い頼みの3番・長谷川俊太(2年)、4番・竹内 琉生(2年)が連続三振に倒れ、絶好の先制機を逃す。

 一方の浦和実・豆田は立ち上がりから制球が良く、単発でヒットこそ浴びるが長打、連打を許さない。結局強打の春日部共栄打線を相手に無四球、被安打2、無得点に抑える完ぺきな投球を見せる。特に左打者への徹底したインコース攻めが秀逸で、春日部共栄の左打者は初回の平尾木冬翔(1年)のセンター前ヒット以外、ヒットどころか良い当たりすら飛ばせない。右打者に対してもアウトコース中心でスライダーを交ぜるのだが、時折抜けたストレート(意図的なのかは不明だが)インコースに行き的を絞らせない。

 対する春日部共栄・村田も制球は良く結局この日の四球は2、毎回のようにヒットは浴びるが単発であり連打は許さず両者無得点のまま前半戦を終える。

 迎えた6回裏、浦和実ベンチが動く。これだけ良い内容の豆田をあっさりと5回で降板させ、6回頭からエースの三田をマウンドに送る。これには春日部共栄サイドも驚いたであろう。三田は力投型であり、当然前日からの連投でゲーム終盤の厳しい5イニングを投げている。しかもこの流れ、相手の打順が三巡目に差し掛かる所であり、春日部共栄打線はこれまで豆田に対し全くタイミングが合っていなかった。

 流れが変わる予感があったが、三田はMAX138kmの直球を中心とし力で春日部共栄打線をねじ伏せにかかる。代わった6回からヒットこそ浴びるが無難に無失点で切り抜けると、その後も無失点に抑えていくのだが、明らかに春日部共栄打線の凡打の内容が変わった。外野へ鋭い当たりが飛び始めたのだ。もちろん、春日部共栄打線が相手の配球を意識し始めていたこともあるが、その違いは特に左打者のインコースへの制球力の違いであった。豆田と比べると、三田のインコースへの直球は時折投げ間違いがあり、その甘くなった球を少しずつ捉えられ始めていた。だが、幸い浦和実の外野陣はベタ引きしており、事なきを得るが、流れはやや春日部共栄サイドへ傾き始める。

 迎えた7回裏、春日部共栄はこの回先頭の村田がライト前ヒットを放ち出塁するが、続く石﨑 聖太郎(2年)の送りバントはキャッチャーの好フィールディングに遭い二塁封殺されると、6番・平岡 大典(2年)、7番・丸田 輝(2年)は共に捉えた打球をライトへ運ぶが共にライトの正面に飛び無得点に終わる。

【次のページ】 春日部共栄vs浦和実(2)

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
昨夏の悔しさをぶつける!昌平の熱い夏に刮目せよ!! 昌平(埼玉)【前編】 【ニュース - コラム】
混戦埼玉を抜け出し悲願の甲子園へ!! 昌平(埼玉)【後編】 【ニュース - コラム】
第935回 センバツ1勝の第1シード高松商中心も 各校タレント多く、波乱要素は十分【香川大会展望】【大会展望・総括コラム】
第996回 確かな取り組みで上積みを見せた埼玉県ナンバーワン右腕・飯島一徹(東農大三)【前編】 【2019年インタビュー】
第1018回 奪三振率の高さを生み出す「強い信念」と「明確な自己分析」 豆田泰志(浦和実) 【2019年インタビュー】
第200回 この春、急浮上!夏にブレイクに期待がかかる2年生の逸材たち【ドラフト特集コラム】
第206回 佐々木・奥川らドラフト上位候補だけではなく、ブレイクに期待がかかる逸材投手リスト90名!【ドラフト特集コラム】
第207回 ラストサマーで飛躍を誓う逸材野手たち 夏に急浮上する野手を見逃すな!【ドラフト特集コラム】
第939回 今年の埼玉は大混戦!シード校の戦力とシードを脅かすノーシードを徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
東海大相模vs浦和実【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
専大松戸vs桐光学園【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
桐光学園vs藤代【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
東海大相模vs前橋育英【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
東海大菅生vs春日部共栄【2019年春の大会 第71回春季関東大会】
第917回 村田賢一(春日部共栄) 大活躍の源は『鋭い観察力』と『強敵と戦うワクワク感』【後編】 【2019年インタビュー】
第916回 目指すは甲子園で本塁打!大谷翔平に憧れる平尾 柊翔(春日部共栄) 【2019年インタビュー】
第914回 4番エースに相応しい選手になるために 村田賢一(春日部共栄)【前編】 【2019年インタビュー】
土肥義弘のケガをしない!勝てる投手育成講座
浦和実 【高校別データ】
春日部共栄 【高校別データ】
平成30年度 秋季埼玉県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージ (1)

浦和実ぶちかませ!ライテン 2018.10.05
今浦実は大波に乗っている!!!この調子でぶちかませ!!!甲子園の神が舞い降りるよう祈り続けてます!

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る