埼玉栄、サヨナラで何とか初戦突破



内田

 米倉 貫太以下1年生の夏からレギュラーを張った期待の選手達がごっそりと抜けた新生・埼玉栄、初戦の相手は奇しくも今夏の初戦で対戦した細田学園である。

 先発は埼玉栄が大型左腕・北村、一方の細田学園は今夏先発したエース・杉内ではなく、調子の良さを買って背番号11の彦坂が先発し試合が始まる。試合は1点を争う好ゲームとなった。

 最初にチャンスを掴んだのは埼玉栄であった。

 3回裏埼玉栄は一死から9番・庄司が三塁線を破る二塁打を放ち出塁すると、続く山川もライトへヒット性の打球を放つ。だが、ライトの守備位置が良く捕球され、さらに何を思ったのか二走・庄司は打球からヒットと判断し二塁への帰塁が遅れ併殺に終わりこの回無得点に終わる。

 先制したのは細田学園であった。

 4回表、一死から3番・中村一がショートへの内野安打で出塁すると、中村一はすぐさま二盗を決め一死二塁とする。さらに続く杉内が四球を選んだそのボールが相手のパスボールとなり、一死一、三塁とチャンスを広げると、ここで5番・河鍋がきっちりとスクイズを決め1点を先制する。

 だがその裏、埼玉栄は一死から3番・北口がレフトスタンドへソロ本塁打を放ち、すぐに同点とし試合を振り出しに戻してみせるが、その後は打線が沈黙する。

 一方、同点とされた細田学園は6回表、一死から北川がセンター前ヒットを放ち出塁すると、一走・北川は相手一塁牽制球が緩いのを見てすぐさま二塁を奪う。さらに二死後、二走・北川はパスボールで三進すると、3番・中村一が四球を選び二死一、三塁とする。だが後続が倒れ勝ち越しのチャンスを逸する。

 すると、ピンチの後にチャンスあり。今度は埼玉栄にチャンスが生まれる。この回先頭の北口が右中間へ二塁打を放つと相手が打球の処理にもたつく間に一気に三塁を奪い無死三塁と絶好の得点機を迎える。だが、頼みの主砲・和田が内野ゴロに倒れると、後続も凡退し無得点に終わる。

 それでも埼玉栄は8回裏、一死から福田がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く庄司の犠打が内野安打となり一死一、二塁とすると、さらに相手ワイルドピッチで一死二、三塁とチャンスが広がる。細田学園ベンチは1番・山川を敬遠し満塁策を取り、次打者・清水との勝負を選択する。清水はサード後方、ファールグランド深い位置のフライを放つと、この打球に三走・福田が反応しタッチアップを見せる。この判断は好判断であったであろう。送球が少しでも逸れれば勝ち越し点が奪える状況であった。だが、サードは迷いなく反転しストライク送球で捕殺する見事な守備でこのピンチを切り抜けて見せた。