2018年09月24日 さいたま市営大宮球場

正智深谷vs武南

2018年秋の大会 埼玉県大会 2回戦
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

投手戦を打ち破る正智深谷の集中打!武南を下して3回戦へ



投手戦を打ち破るスリーベースを放った3番・長滝(正智深谷)

 24日のさいたま市営大宮球場の第2試合は、正智深谷武南の対戦となった。試合は、正智深谷が終盤に打線が力を見せる展開となった。

 試合の前半は息詰まる投手戦となった。
 武南の先発は背番号18の栗原。左膝を豪快に上げる投球フォームが特徴的な投手だが、ピッチングそのものは実に丁寧である。またアウトコースへの直球と低めへの変化球が徹底されており、正智深谷打線に本来のスイングをさせない投球を見せ、スコアボードに「0」を並べていく。

 一方の正智深谷は、背番号10の内田に先発のマウンドを託した。クセのないオーバーハンドから伸びのある直球を投げ込み投手で、ランナーは出すものの粘りのピッチングで後続を打ち取っていき、武南の栗原に負けじと無失点投球を続けていく。
 両投手の好投で、試合の前半は両チームとも無得点。緊迫した投手戦となり、試合は後半に突入した。

 だが、後半に入ると一転して試合は慌ただしくなる。
 後半に入った直後の6回表、正智深谷は先頭の3番・長滝が右中間破るスリーベースを皮切りに無死一、三塁のチャンスを作ると、5番・幕田のセカンドへの併殺ゴロの間に三塁ランナーが生還。正智深谷が、遂に均衡を破る先制点を挙げた。

 この先制点をしっかりと守り抜きたい正智深谷だが、物事はそう上手くは運ばない。
 直後の6回裏、武南は先頭の1番・三宅のツーベースから一死三塁のチャンスを作ると、ここで打席に迎えるのは3番・永瀬。変化球をレフトへ追っつけるが、打球は伸びの無い平凡なフライとなる。万事休すかと思われたが、この打球を正智深谷のレフトが捕球し損ねて三塁ランナーが生還。意外な形から武南が同点に追いついた。

 だが、正智深谷もこんなことで意気消沈しない。
 7回表、正智深谷は一死二塁と再び得点圏にランナーを進めると、9番・杉浦のセンターオーバーのタイムリースリーベースヒットで勝ち越しに成功。さらに一死三塁とチャンスは続き、打席には1番・藤村。甘く入った直球を捉えると、打球はセンター横を襲うタイムリーツーベースとなる。
 このタイムリーで完全に試合の流れを掴んだ正智深谷は、ここから一気に畳みかける。3番・長滝のレフト前タイムリーで1点を追加すると、続く4番・篠原にも右中間を破るタイムリースリーベースが生まれ、正智深谷はこの回だけで何と4得点。武南を一気に突き放すことに成功した。

 結局試合は、このまま正智深谷が5対1で逃げ切り、3回戦進出を決めた。これで正智深谷は3回戦で春日部共栄と対戦することが決まった。この試合で見せたここ一番の集中力を次戦でも期待したい。

(記事:栗崎 祐太朗)

 
この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
花咲徳栄が見事優勝!西武台との決勝戦を徹底レポート!【秋季埼玉県大会】 【ニュース - 高校野球関連】
川口市立が快進撃!昨秋優勝の春日部共栄を破り、準決勝へ! 【ニュース - 高校野球関連】
浦和学院vs正智深谷【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
埼玉栄vs武南【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県地区予選】
正智深谷vs熊谷西【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県地区予選】
花咲徳栄vs正智深谷【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
第907回 夏の大会で活躍するのは俺たちだ!春季埼玉県大会を総括!【後編】【大会展望・総括コラム】
川口市立vs武南【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
第504回 【埼玉展望】今年も各ブロックで激戦!浦和学院、花咲徳栄など有力校の戦力を徹底分析!【大会展望・総括コラム】
第428回 【埼玉展望】本命不在の埼玉大会を制するのは?各ブロックの好カード、見所を紹介!【大会展望・総括コラム】
第346回 【埼玉抽選会後 展望】シード校は厳しい組み合わせに!今年も大荒れの大会になるか?【大会展望・総括コラム】
第28回 正智深谷高等学校(埼玉)【僕らの熱い夏2016】
第4回 第96回選手権埼玉大会 ここまでの戦いを振り返る!! 【2014年選手権大会】
正智深谷 【高校別データ】
武南 【高校別データ】
平成30年度 秋季埼玉県高等学校野球大会 【大会別データ】

応援メッセージを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

試合記事トップに戻る サイトトップに戻る